[PowerApps] 開発環境についての情報アップデート

 PowerApps の大幅アップデートが 2018年3月下旬にアナウンスされましたが、開発環境についても大幅な変更があるのでかいつまんでまとめておきます。

情報ソースは下記の PowerApps Blog です。 

PowerApps Studio for the Web is Generally Available for Production Use

We are pleased to announce that starting today PowerApps Studio for web is generally available for production use. The web studio is the premiere authoring experience for creating PowerApps and is the recommend way to build your apps.

 

PowerApps Studio for the Web が正式リリース

これまでPowerApps の開発ツールは次の2つありました。2018年4月18日現在も現状は同じです。

  • PowerApps Studio for Windows
  • PowerApps Studio for the Web (Web Studioと呼ぶこともある)

要するに Wind0ws デスクトップ版と Web版があったわけですが Web版は久しくプレビューとなっていました。これが2018年3月21日付けで 正式リリースとなったわけです。

今後の主流は Web Studio

現在、Web Studio の方が、 Windows デスクトップ版と比較すると機能と性能の両面を凌駕しました。そして、Windows 版の PowerApps が持っているアプリの編集機能は今後削除されます。つまり、単純にアプリの実行環境としてだけ利用することになります。

では、この機能がいつまで使えるのか?

2018年6月1日に PowerApps for Windows からは編集機能が削除される予定であるとのこと。

 ということで、Web版が今後の主流になります。Web版といっても特に何かインストールする必要はありません。Webブラウザーさえ利用できれば、アクセスできます。ですから、職場でも家でも、Mac または Windows PCがあれば利用できるということです。