SharePoint Conference 2009 日本開催
リスト内のフォームをSharePoint Designer 2007でカスタマイズする際の不具合(更新情報)

VSeWSS 1.3 CTP を利用する際のエラーと対処方法

時期的にはちょっと今更というタイミングですが、Windows Server 2008 上で VSeWSS 1.3 CTPを利用してデモ用にSharePoint ソリューション開発を行っている際に遭遇したエラーと対処方法を備忘録して公開しておきます。※VSeWSS 1.3 の正式版は本当は今年の春に出る予定だったと思うのですが、なかなかリリースされませんね。。。

問題

Webパーツなどを開発し、ビルドまでは問題なくできるものの、いざ展開しようとすると次のようなエラーが表示され展開できません。

VSeWSS1.3CTP-error

原因と対応策

原因は WCF がアクティブ化されていないことによるものです。したがって、次の手順でWCFをアクティブ化します。

1. [サーバー マネージャ]を開く
2. "機能"を選択し、[機能の追加]をクリックする
3..NET Framework 3.0 または .NET Framework 3.5 または .NET Framework 3.5.1 を展開する
4. "WCFアクティブ化" を展開し、"HTTPアクティブ化" を選択する
VSeWSS1.3CTP-error-2 
5.[次へ]をクリックし、[追加]する。

参考: http://heroesmode.blogspot.com/2009/08/vsewss-13-ctp-error-response-message.html

その他のエラー

上記の問題以外にも、次のようなエラーメッセージが表示され、やはり展開できない場合があります。このメッセージを要約すると "VSeWSS WCF サービス"にローカルの管理者権限がないとこによるエラー"であるというものです。VSeWSS1.3CTP-error-3

そもそも、VSeWSS 1.3 CTP はインストール時に、WCF Services に利用するアプリケーションプールを指定するようになっています。この設定はVSeWSS 1.2まではありませんでした。このとき指定したアプリケーション プールのアカウントはローカルのAdminitrators グループに所属させておく必要があります。基本的には選択できるアプリケーション プールは "SharePoint Central Administrator v3" ですので、このアプリケーションプールの識別IDに設定されているアカウントを確認したうえで、Administrators グループに確実に追加しておきましょう。

なお、うっかり、追加を忘れ、このエラーに遭遇した場合は、 アプリケーション プールのアカウントをローカルのAdministratorsグループに追加したあと、忘れずにIISを再起動します。

コメント

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前とメールアドレスは必須です。メールアドレスは公開されません。)