Previous month:
2009年11 月
Next month:
2010年1 月

2009年12 月 からの 3 記事

新しい研修メニューのご案内

弊社が現在協業しておりますAvePoint社の SharePoint 統合管理プラットフォームツールである "DocAve" に特化したサーバー管理、サイト管理者向けの入門コースをご提供できるようになりましたのでお知らせします。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

コース名 : SharePoint運用管理~DocAveの活用方法の概要と基本操作~
コース概要 :
既にDocAveをお持ちの方はもちろん、導入を検討される方にお勧めのコースです。

本研修では、DocAveの基本的な使い方を豊富な実機演習を交えることで短期間で効率よく学習できます。 

SharePointを導入後に日々管理を行う中で、SharePoint標準機能では不足しがちな機能はDocAveで強力に補えます。本研修では多くの方が最初に必要とされる機能のうち、「人事異動や組織改編に伴うアクセス権限管理」、「コンテンツの一括移動とコピー」、「コンテンツのアーカイブ」、「バックアップと復元」の4つを中心にSharePointの標準機能のみでの管理の問題点と DocAveを用いることの利点について解説しながら、実機演習を中心に基本操作を把握できるよう構成しています。なお、演習ではDocAveの基本的なインストールと構成も行います。 

詳細については以下のURLをご覧ください。
http://www.office-i-corp.jp/courses/oh-09-10.htm

※弊社では、この研修だけでなく、
DocAveを使用した運用管理方法の見直しなどをお手伝いするコンサルティング サービスも行っております。
http://www.office-i-corp.jp/consulting.htm#operation

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


なお、本研修に関連し、DocAveの活用ポイントを解説した弊社オリジナル冊子を無料配布しております。ご希望の方は、弊社お問い合わせフォームからお申込みください。※お問い合わせの際は、内容に「DocAve無料冊子希望」と明記ください。

弊社が提供する最新のサービスメニューや、技術研修メニュー、SharePoint 技術情報、セミナー情報などをいち早く入手できるようメールニュースへの購読も承っております。特に、SharePoint Server 2010 に関する情報もどんどんご提供していく予定ですので、ご興味のある方はお気軽にお申込みください。


SharePoint 2010にこれから取り組むために把握しておくべき最初のポイント

SharePoint Server 2010にこれから取り組んでいくために把握しておくべき最初のポイントは、SharePoint Server 2007では、ある意味「境界線」と考えられていた様々な管理や機能の範囲が、一回りもふたまわりも大きくなっている点にあります。これはサーバーの管理者の方だけでなくサイトの管理者やヘビーユーザーの方にとっても、把握しておくべきところです。

SharePoint 2010では利用の幅、管理の幅が広がっていることで、「誰にどこまで管理させて、利用させるか」を再考する必要があります。もちろん、これまでと同様の管理も可能ですが、新しい概念をうまく取り入れることでこれまでと比べて柔軟な管理もできるようになります。

この非常に重要な考え方について自分なりにまとめた記事をマイクロソフトさんの「テックフィールダーズ」に寄稿させていただきました。本日公開されましたので、お知らせします。

※テックフィールダーズへは、今後も不定期ですが記事を書かせていただく予定でおります。

今後、弊社では次のように情報公開を行っていく予定です。

テックフィールダーズ テックフィールダーズはサイトの性質上、サーバー管理者、サイト管理者、ヘビーユーザー/パワーユーザーの方が読者の大部分であることを前提に、 SharePoint 2010を利用する上で重要であろう概念などをご紹介します。こちらは、まとまった情報を整理してご紹介するのがメインです。
このブログ ある程度自由に記事を書けるようにするため、特に対象者は決めず、Tipsなどを中心にご紹介していきます。
弊社Webサイト

テックフィールダーズとは異なり、あまりテクニカルになり過ぎない内容で、サイト管理者や エンドユーザーの方が把握しておくとよいであろう概念やソリューションなどをご紹介する予定です。※年明けに公開予定です

以上のように、今後もSharePoint Server 2007とともにSharePoint 2010に関する情報を積極的に公開していく予定ですので、引き続きよろしくお願いいたします。


SharePoint Developer Forum 開催のお知らせ [SharePoint 2010]

今週月曜に SharePoint Conference 2009 Japan が目黒の雅叙園で開催されました。参加された方も多いのではないでしょうか。参加登録者は1,000名をこえていたそうで実際にどのくらいの参加者になったかわかりませんが、非常に参加者は多い印象でした。

さて、今後、私の方でも SharePoint 2010 関連のセミナー等を行っていきます。すでに告知しております、日本ユニシス様との共同開催セミナー以外に、マイクロソフト様主催のセミナーにも登壇させていただくことになりましたので、お知らせいたします。


『SharePoint Developer Forum ~SharePoint Server2010 ファーストインプレッション~』http://msevents.microsoft.com/CUI/EventDetail.aspx?EventID=1032435626&Culture=ja-JP


今年に入り、SharePoint Developer Forum は数回行われてきましたが、
今回が SharePoint 2010になって初めての回にでして、(いつも大変お世話になっております) MS松崎さんと2人での登壇となります。

内容はSharePoint 上でのソリューション開発をする予定の方向けで、私がエンドユーザー視点でのカスタマイズや機能拡張について担当し、より深い開発者向けの内容を松崎さんが話されます。

SharePoint 2010は以前にも増してノンコーディングでのカスタマイズが強化されており、SharePoint Designer や InfoPath などを組み合わせて利用するとさらにできることの幅が広がります。SharePoint 2010では SharePoint 2007からどのように変わるのかという点について、90分という短い時間ですがエッセンスをお伝えできればと思っています。

無償セミナーですので、お時間のご都合のつく方は、早めに登録の上、ご参加くださいませ!