Previous month:
2011年12 月
Next month:
2012年3 月

2012年2 月 からの 7 記事

SharePoint 2010 SP1 適用後のイベントログエラー

SharePoint 2010 および SharePoint Foundation 2010 環境で SP1 適用後に発生するイベントログエラーについての情報です。今回も無視してよいものですが、以下のようなエラーが定期的にイベントログのアプリケーション ログに上がります。

「ストアドプロシージャ'proc_UpdateStatisticsNVP'が見つかりませんでした。」

前回ご紹介したものと似ていて Health Analyzer 関係が原因で発生しています。マイクロソフトのKBに上がっているので、詳細は下記リンクをご覧ください。

SharePoint 2010: Missing stored procedure error after installation of SP1

 


「SharePoint Server の発行インフラストラクチャ」機能がアクティブ化できない

SharePoint Server 2010 を使用していて、サイト コレクションの機能である「SharePoint Server の発行インフラストラクチャ」機能をアクティブ化しようとするときに次のエラーメッセージが表示されアクティブ化できないことがあります。

「列の制限数を超えています。
指定したデータ型の列が多すぎます。いくつかの列を削除してください。数値や通貨などのいくつかの列の方は、同じデータ型を使用していることに注意してください。」

この問題が発生するのは原因には簡易展開ジョブ機能が絡んでいて、内部的に作成される「簡易展開アイテム」リストが影響しているようです。このリストはWebブラウザー上からは非表示になっているため、SharePoint Designer 2010 を使うか、直接URL(http://<サイトのURL>/quick%20deploy%20items/)にアクセスしないと存在が分かりません。このリストを削除してしまえばよいようですが、既定では削除ができません。そのため解決策はPowerShell を使って、一旦削除可能な状態に変更し、このリストを削除することです。

$Web=Get-SPWeb http://yoursharepoint/yoursite $List=$Web.Lists["Quick Deploy Items"] $List.AllowDeletion=$True $List.delete()

ご参考まで。

[参考] http://social.technet.microsoft.com/Forums/en/sharepointadmin/thread/2610f129-8e00-4e31-987b-b62efc228c3f

 


Lync Online で録音・録画が可能に!

以前下記の記事で説明した Lync クライアントでの会議の録音・録画機能ですが、

[過去の記事] Lync 2010 クライアント側でピアツーピアの録音・録画する

もともとオンプレミスでしかサポートされていませんでした。しかし、2012年2月より Office 365 の Lync Online でもサポートされるようになったようです!

Lync Online でオンライン会議や通話をレコーディングできるようになりました

Office 365 環境は続々と Update がされていていますね!


[Information] Office 365 のトライアルお申込み

弊社オフィスアイ株式会社は、マイクロソフト オンライン サービスの代理販売を行う "Microsoft Online 認定パートナー"です。弊社からサービスをご購入いただけます! 弊社からお買い求めいただくことで、教育やアドバイス、技術的なサポートなどご支援することも可能です。まだご利用になっていない方は、下記リンクよりトライアル版をお試しください。


2011 August CU 適用後のバグ - Health Analyzer

SharePoint Server 2010 で 2011 August CU を適用するとユーザープロファイル サービスが正しく動作しているにも関わらず Health Analyzer に次のエラーが上がるようになります。

「ユーザー プロファイル アプリケーションおよびユーザー プロファイル プロキシ アプリケーションの重要なタイマー ジョブが、利用可能であり誤って削除されていないことを確認してください。」

Health Analylzer Bug

これはバグであり、マイクロソフト社が既知の問題としてKBに情報を公開しています。

http://support.microsoft.com/kb/2622705

修正する予定ではあるようですが、いつになるか未定のようです。

ということで今のところ無視してよいメッセージということになりますね。


弊社SharePoint オリジナル研修コースのコンテンツを改訂しました

弊社では SharePoint に関する研修コンテンツを独自に開発し実施していますが、この度下記のコース内容を改訂しました。最近ニーズが高まっている内容で、実践的なスキルが身に付きます。

  • SharePoint 2010 UI デザイン カスタマイズ (1day)
    SharePoint 2010 の”みため”の変更には本来はWebテクノロジーの知識があった方が、柔軟なデザインが可能になります。このコースでは、HTML,XHTML,CSS といったインターネット標準のWebテクノロジーの基礎も学べます。SharePoint Designer 2010 を活用したデザインの編集方法についても実機を使いながら説明します。Office 365 にも対応しています。
  • SharePoint 2010 ワークフロー開発基礎1 (1day)
    本研修はほぼ半分が実機演習となり、演習を通じSharePoint Server 2010 の基本的なワークフローの利用方法を把握できます。また、 SharePoint Designer 2010 を使ったワークフロー開発が行えるようになります。さらに開発を実体験することでSharePoint Designer 2010 でのワークフロー開発の難易度や限界なども把握できます。演習の内容としては、ワークフローを使ってお知らせの公開先を制御したり、簡易的な差し戻し承認などを行います。 Office 365 を利用している方にも、この知識が役立ちます。
  • Microsoft InfoPath 2010 による実践的なフォーム開発(2days)
    InfoPath 2010 を使用したフォーム開発に必要な基礎知識を整理したうえで、 実際に InfoPath 2010 の標準機能を用いて様々なタイプのフォームを作成しながら実践的なフォーム開発スキルを習得できます。 今回の改訂で、SharePoint Designer 2010 とのワークフロー連携の演習も取り入れました! SharePoint Designer 2010 でのワークフロー開発を検討されている方はInfoPath フォームについても理解しておくとより理解が深まります。特にNotesからの移行を担当される方などにはぜひ把握していただきたい内容です。

ご参考まで!