[Office 365] SharePoint Online の RSS ビューアサポート!
[SharePoint 2013] ライセンス管理の新機能

[SharePoint 2013] 動画コンテンツ管理 (メディア ライブラリ)

※SharePoint Server 2013 プレビュー版を使用

SharePoint 2010 で導入されたメディア ライブラリ(英語では Asset Library という名称です) ですが、SharePoint 2013 ではいろいろと機能が改善されています。

まず一番に挙げるのは、ファイルアップロードと同時に自動的にサムネイルが作成されるようになったことです。ファイルをドラッグ&ドロップしてアップロードした場合も同様に動作します。

AssetLibrary1
リンクをクリックして詳細画面を表示すると、動画がそのまま再生できるだけでなく、関連するドキュメントなどもアップロードできるようになっています。

また、SharePoint 2013 からはインターネットでは一般的になっている、動画コンテンツ用の iFrame タグが生成できるようになりました。


AssetLibrary10

AssetLibrary11

この iFrame タグは、Wiki ページ、お知らせやブログの本文などにも挿入できるようになっています。

IFrame

AssetLibrary7

AssetLibrary8

ちなみに、ブログ記事に動画を埋め込 むには、SharePoint 2010 では SharePoint Designer などを利用して JavaScript コードを仕込む必要がありました。

構成について

2012/10/14 現在、TechNet の記事にはサムネイルの自動生成をするには、SharePoint 2013 のフロントエンドWebサーバーに「デスクトップ エクスペリエンス機能」がインストールされている必要があると書かれています。しかし、これは Windows Server 2008 R2 SP1 を使っている場合の話であるようで、Windows Server 2012 上に SharePoint Server 2013 を構築している場合は SharePoint セットアップ時に既定でインストールされる「グラフィック管理ツールとインフラストラクチャー」と「サーバー グラフィック シェル」のみで「デスクトップ エクスペリエンス」がインストールされていなくても、サムネイルは生成されます(実機検証済み)。

[Windows Server 2012 の機能の画面」

AssetLibrary9

その他の動画の利用

sharePoint Server 2013 からは、インターネットに公開されている Youtube, BING などのサイトの動画も同様にページ内に挿入できます。ただし既定では許可されているのは下記のドメインに限定されています。

  • youbute.com
  • yotube-nocookie.com
  • player.vimeo.com
  • bing.com
  • office.microsoft.com
  • skydrive.live.com

設定はサイトコレクションごとに管理されており、ドメインを追加・削除できます。場合によっては外部ドメインからの挿入を投稿者に許可しないよう構成することも可能です。

設定方法ですが、[サイトの設定] ページから [サイト コレクションの管理] セクションにある [ HTML フィールドのセキュリティ ] をクリックします。

Video01

Video02

 

 

コメント

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前とメールアドレスは必須です。メールアドレスは公開されません。)