Lync 2013 Silverlight アプリケーション開発時の注意
[SharePoint 2013] Health Analyzer で検出される MissingSetupFile への対応

[SharePoint 2013] Health Analyzer で検出される MissingWebPart への対応

サーバー全体管理サイトの [問題とソリューション確認] ページで、 Health Anaylzerが サーバー側の依存関係がありません というエラー情報を出すことがあります。特に、Visual Studio を使ったSharePoint ソリューション開発をしている環境などではよくあります。

2014-06-12 10-30-55

内容を確認すると次のようなメッセージが表示されます。

2014-06-12 11-39-35

この中に [MissingWebPart] というセクションがありますが、Visual Studio ではソリューションの取り消しを行っているものの、Webパーツを追加してテストしたページが残ったままになっている際などに、このメッセージが表示されます。しかし、肝心のどのページに配置したのかは、このメッセージからは推測できません。

解決方法としては、SQL サーバー上の当該コンテンツDBに対して次のようなSQLクエリを実行することです。これにより、どのページに配置していたかがわかります。

select d.DirName, d.LeafName, * from AllWebParts wp join AllDocs d on wp.tp_PageUrlID = d.Id where tp_WebPartTypeId = 'WebパーツクラスのID'

2014-06-12 11-57-21

なお、テストページの場合は削除してしまえば、このメッセージは表示されなくなりますが、削除は必ずサイト コレクションのごみ箱からの削除を行わないといけません。ページを削除後、上記のクエリを再度実行し、エントリーが表示されないことを確認します。

[参考]

http://social.technet.microsoft.com/Forums/sharepoint/ja-JP/484c138d-0ca4-486c-9602-8e4767878671/sharepoint-configuration-missingwebpart-webpart-class-xxx-is-referenced-6-times-in-the

 

コメント

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前とメールアドレスは必須です。メールアドレスは公開されません。)