[SharePoint 2013] Health Analyzer で検出される MissingWebPart への対応
カスタム タイマージョブ展開時の注意事項

[SharePoint 2013] Health Analyzer で検出される MissingSetupFile への対応

昨日の記事では、Health Analyzer で検出される「サーバー側の依存関係がありません」というエラー内の、MissingWebPart に対する対処方法の一つをご紹介しました。

今回は関連する内容としてWebパーツ開発時に起こりがちな「サーバー側の依存関係がありません」というエラー内に表示される MissingSetupFile への対応方法の一つをご紹介します。

この問題は次のように検出されます。

2014-06-12 12-34-09

ユーザーがWebパーツを利用するためには、サイト コレクション内のWebパーツギャラリーに *.webpart ファイルが必要であり、Visual Studio 2012 または 2013 の Office Developer Tools を使うとこのファイルを自動生成してくれます。しかし、ソリューションアンインストール時にこうした情報が削除されないことがあります。これにより、上記のメッセージが表示されます。どのサイトにこのファイルが残っているかを確認するには、これもSQL Serverにアクセスし、次のSQLクエリを実行します。

SELECT * FROM AllDocs WHERE SetupPath='セットアップファイルパス'

2014-06-12 12-33-40

SQLクエリの実行結果内の DirName をたどれば、目的のサイトのURLがわかります。このWebパーツギャラリーから*.webpart ファイルを手動で削除します。この時も必ずサイト コレクションのごみ箱から完全に削除するようにします。

[関連情報]

弊社オリジナルコースである「Microsoft SharePoint Server 2013 ソリューション開発基礎」にて、Webパーツ開発の基本手法をご案内しています。

 

コメント

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前とメールアドレスは必須です。メールアドレスは公開されません。)