Previous month:
2015年3 月
Next month:
2015年5 月

2015年4 月 からの 10 記事

ドキュメント セット - Zip ファイルでダウンロード

ドキュメント セット機能を使うと複数のファイルをまとめて管理できるようになりますが、これを ZIP でダウンロードできます。ただし、zipファイル内にエクスポートされたファイル名がUTF-8でエンコードされるのが、難点ではあります。

Zip化するには特定のURLにアクセスすればよいのですが、SharePoint Designer でカスタム メニューを作ってしまうのが手っ取り早いです。

手順は次の通りで、オンプレミスとOffice 365 のいずれでも利用できます。

  1. SharePoint Designer 2013 を起動する。
  2. 目的のサイトを開く。
  3. サイドリンクバーの[リストとライブラリ]をクリックし、目的のライブラリをクリックする。
    例)
    2015-04-19 17-34-34
  4. リボン メニューの[ユーザー設定のアクション セクション]>[リスト アイテム メニュー] をクリックする。※この例では ECB メニューへの表示手順にしていますが、もちろん、リボン メニューに表示させるようにもできます。
    2015-04-19 18-07-17
  5. 任意の名前を付ける。
    2015-04-19 18-08-54
  6. アクションの種類として URL への移動 を選択し、

    {SiteUrl}/_layouts/15/DocSetExport.aspx?List={ListId}&ID={ItemId} と入力する。

    2015-04-19 18-10-05
  7. [OK]をクリックする。

以上で手順は完了です。

あとは、実際にECBメニューを確認すると下図のように表示されるようになります。

2015-04-19 18-16-06

2015-04-19 18-37-19

ダウンロードした Zipファイルを解凍すると下図のようにファイル名が UTF-8 でエンコードされてしまいます。

2015-04-19 18-23-00

英語表記ならいいのですけれど、日本語だと、こうなってしまいます。とはいえ、ファイルが開けなくなるようなことはないのですけれど。ドキュメント セットが最初に導入された SharePoint 2010 のベータのころは、この ZIPダウンロードのメニューが一応あったのですが、RTMではメニューが削除されたという経緯がありますので、こんな感じですね。


SharePoint Designer : リストの任意の列に "..." を追加する

リストのビューではタイトル列が編集用のリンク設定がされているため、タイトル列に "..." が表示できるようになっています。SharePoint Designer 2013 を使って任意の列に ... を追加できます。

オンプレミスの SharePoint 2013 および Office 365 の SharePoint Online のいずれにも対応しています。

たとえば次のようなカスタム リストがあり、製品名という列を新規追加している場合に、この列に ... を追加してみます。

2015-04-17 14-55-39

  1. SharePoint Designer 2013 を使ってSharePoint サイトにアクセスする。
  2. 左側ナビゲーションの[リストとライブラリ]にアクセスし、目的のリストをクリックする。
    2015-04-17 14-03-57
  3. [ビュー]セクションの[新規作成]をクリックする。
    ※既存のビューは、念のためいつでも元に戻せるよう変更しないようにします。
    2015-04-17 14-04-28
  4. "カスタム ビュー" など任意のビュー名を指定し、[OK]をクリックする。
    2015-04-17 14-04-48
  5. 新規作成したビューのリンクをクリックする。
    2015-04-17 14-30-03
  6. ビューのソース コードが表示される。下図にあるように目的の列の定義タグに listItemMenu="TRUE" linkToItem="true" という属性と値を追加する。この時、属性名は大文字小文字が区別されるので気を付けること。
    ※補足説明※
    ソース内の <ViewFields>...</ViewFiels> となっているタグを見つけ出す。このタグに挟み込まれるように定義されているのがビューに表示される列です。例えばタイトル列は <ViewFields><FieldRef Name="LinkTitle"/>...</ViewFields> となっています。ここで編集したい列を見つけるのですが、列名は最初に英数字で作成していれば英数字になりますが、日本語で作成している場合はUTF-16でエンコードされるので、下図のようになり、わかりにくくなります。ですから、なるべく列を追加する際は、英語表記で名前を付けて、後から表示名を日本語表記に変えるのがおすすめです。
    2015-04-17 14-48-48
  7. ページを上書き保存する

以上で、設定は完了です。ブラウザーで表示すると製品名列に...が追加され、アイテムの編集などが行えるようになります。

2015-04-17 14-48-36

 


SharePoint Server 2016 のアップデート情報

SharePoint Server 2016 のアップデート情報が公開されました。

より詳しい内容は、2015年5月4日~8日まで、U.S. シカゴで開催される Microsoft Ignite で明らかになってくるようですが、上記記事から要点だけかいつまんでおきます。

まず、SharePoint Server 2016 は 2016年の Q2 に利用できるようになる予定で、2015年 Q4 にパブリック ベータが予定されています。その他、機能的なところは次のような状況です。

  • モバイル対応が強化され、タッチ ベースの操作がしやすい
  • ファイル共有はより Peple-Centric に
  • Exchange や Yammer 、Office 365 Video などとのより緊密な統合により、システム境界を意識させないコミュニケーションを促進する
  • コンプライアンスやレポーティング機能の強化

基本的にはクラウド ファーストとなっており、現在の Office 365 上のアップデートがオンプレミスに持ち込まれることになるので、どのようになりそうかはなんとな見当がつきますね。

現時点でも Office 365 には色々な機能がてんこ盛りで、情報を追いかけるのが大変な状況です。したがって、まずはこれらを現場でどのように使えるか、もしくは使えそうもないか、しっかり検証・研究するのが、もっぱら私の仕事になりそうです。

ちなみに、、、Microsoft Ignite に参加してくる予定でおりますので、5月になったら最新情報をもう少し入手できるはずです。またブログ等でお伝えします。


SharePoint Online - ドキュメント ライブラリのバージョン管理設定の既定値変更

SharePoint Online では 2015年3月下旬からドキュメント ライブラリを新規に作成すると、既定でバージョン管理設定が有効になるように既定値が変わっています。

***2015/4/17 追記***

新規作成だけでなく、既存のドキュメント ライブラリも既定値のまま、メジャーバージョン管理を指定せずに使用していたものについてはバージョン管理が有効になっているようです。既にバージョン管理設定をしていたところに関しては、設定が自動的に上書きされるようなことはありません。

*****************

現時点では下図の通りです。メジャーバージョン作成のみが有効になっており、500バージョン分保存する設定になっています。

2015-04-14 15-29-31

弊社で利用している Office 365 テナントでは、2015年3月24日に情報が伝達されてきていますが、サポート技術文書は 2015年3月20日付で更新されているようです。

以上、参考まで。


[Tips] Excel BI - スライサーの表示調整

備忘録として以下共有しておきます。

Excel を使ってデータ分析を行う際に便利なのが、スライサー機能です。スライサーは、Excel 2007 から使える機能であり、グラフなどのデータのフィルターを素早く行えるようにするものです。

このスライサーですが、既定ではいくつかデザインが用意されているものの、色やフォントが好みのものでないこともあります。データの可視化は見た目が大切ですから侮れません。

たとえば、次の図のようにExcelシート内は基本的にフォントを Meiryo UI にしていますが、スライサーの側のフォントは異なっています。

2015-04-10 16-05-55
これを変更するには新たにスライサー用スタイルを作成する必要があります。たとえば、既存のスタイルを編集する基本的な手順は次の通りです。

  1. スライサーを選択する
  2. リボン メニューにある[スライサーのスタイル]の任意のスタイルを右クリックし、[複製]をクリックする
    2015-04-10 16-12-30
  3. [書式]をクリックする
    2015-04-10-16-14
  4. フォントを変更する
    2015-04-10-16-15

以上の手順で独自のスタイルが出来上がるので、あとは新規にコピー作成したスタイルを適用すれば終わりです。

2015-04-10-16-16

 

 

SP2013-BI-Course