[SharePoint Online] モダン UI と クラシック UI の切り替え (2)
[SharePoint Online]モダンUI でのトップリンクバーやサイドリンクバーの修正

[SharePoint 2016] SuiteBar の設定変更

SharePoint 2016 ではSuiteBarの設定は変更できるのか? という記事です。まずはおさらいから。

SharePoint 2013 でのおさらい

SharePoint 2013 では SuiteBar (スイートバー)の左側の "SharePoint" という文言をファーム管理者が変更できました。SuiteBar とは下図のところです。

SuiteBarSP2013

ファーム管理者は次のような PowerShellのコマンドを実行して変更できます。

[既定値の取得]

Add-PSSnapin Microsoft.SharePoint.PowerShell
$webApplication=Get-SPWebApplication "http://sp2013"
$webApplication.SuiteBarBrandingElementHtml

上記コマンドを実行すると下記のような出力が得られます。

<div class="ms-core-brandingText">SharePoint</div>

ということで、単純にHTMLが記載されているだけなので、下記のようにして変更できます。

$webApplication.SuiteBarBrandingElementHtml="<div class='ms-core-brandingText'>オフィスアイ社内ポータル</div>"
$webApplication.Update()

ちなみに、この設定はSharePoint Webアプリケーション単位の設定であるため、たいていの場合、組織全体のサイトで一括設定しかできません。

SharePoint 2016 では? 

SharePoint 2016 ではどうだろう? と検証してみました。SharePoint 2016での表示は次の通りです。

SuiteBarSP2016

2013と同様にSuiteBarBrandingElementHtmlプロパティは取得できます。しかし、SuiteBarBrandingElementHtmlの値を更新しても、何も変化しない。これは仕様なのかは不明ですが。そのためSharePoint 2016 では表記の変更はSuiteNavBrandingTextプロパティを利用しましょう。

$webApplication.SuiteNavBrandingText="オフィスアイ"
$webApplication.Update()

  SuiteBarSP2016-update

SharePoint 2016 では次のコマンドを実行すると Office 365 と同様にロゴを表示することもできます。

$webApplication.SuiteNavBrandingLogoNavigationUrl = "http://sp2016-a/sites/SiteBranding"
$webApplication.SuiteNavBrandingLogoTitle = "オフィスアイ デモサイト"
$webApplication.SuiteNavBrandingLogoUrl="/_layouts/15/images/officei/office-i-logo.png"
$webApplication.Update()

SuiteBarSP2016-update2

元の設定に戻す場合はSuiteNavBrandingTextやSuiteNavBrandingLogoNavigationUrlなど使用したプロパティはそもそも既定値が空であるため、空の値("")を代入するだけです。

 

コメント

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前とメールアドレスは必須です。メールアドレスは公開されません。)