[SharePoint 2016] ひと目でわかる SharePoint Server 2016 発売 !
[SharePoint 2016] SuiteBar の設定変更

[SharePoint Online] モダン UI と クラシック UI の切り替え (2)

以前、SharePoint Online のモダンUIとクラシック UI の切り替えについて次の記事を書きました。

もう少し、詳細に説明した方がよさそうなので補足します。切り替え方法は次の3つがあります。

  1. Office 365 の SharePoint Online の管理者が、SharePoint 管理センター上で既定の設定をする。既定値は "モダンUI"。
    そのため、原則すべてのサイトの既定値は可能であれば、リストやライブラリはモダンUIになる(カスタマイズがされていたり、モダン UI に対応していないお知らせリストなど一部は除く)。
  2. Office 365 の SharePoint Online の管理者が、SharePoint Online の PowerShell コマンドレットを使って、サイトコレクションまたはサイト単位でUIの既定値を設定する。
  3. サイト コレクションの管理者またはサイトの管理者はリストやライブラリ単位でUI設定を変更する

上記の手順は次の資料に掲載されていますが、2について少し補足します。

リストまたはドキュメント ライブラリの既定の環境を新しい環境またはクラシック環境に切り替える

2は、PowerShell を使う方法ですが、SharePoint のクライアント サイドのAPI を使うため、JavaScript などでも実装できます。結局は、各サイトでモダン UI 設定が既定になっていて、これを無効にするフィーチャーが存在しています。このフィーチャーは、サイトコレクション用とサイト用と2種類あるのですが、それぞれ Hidden 設定になっているフィーチャーであるため、GUIからはアクティブ化や非アクティブ化はできません。これを PowerShell を使って、操作しようというのが上記のリンク先の PowerShell スクリプトです。

各フィーチャーIDは次の通りです。

  • サイトコレクションのフィーチャーID : "E3540C7D-6BEA-403C-A224-1A12EAFEE4C4"
  • サイトのフィーチャーID : "52E14B6F-B1BB-4969-B89B-C4FAA56745EF"

ですから、これらのフィーチャーのアクティブ化と非アクティブ化を JavaScript からでも操作できます。

これをヒントに、サイトの管理者レベルでサイト単位で一括してUI設定を変えられる SharePoint アドインを作ってみました。

ちょこっとしたツールですので、上記のヒントがあれば手軽に開発できるでしょう。ちなみに、弊社「オフィスアイ ラーニング ポータル」のサブスクリプションを購入いただいている方は、自由にご利用いただけます。開発は苦手という方は、弊社までお問い合わせください。

 

コメント

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前とメールアドレスは必須です。メールアドレスは公開されません。)