[SharePoint Online] モダンUI でのインジケーターが新たに!
[SharePoint Online] Column Formatting 機能に関する追加情報

[SharePoint Online] Viva ! リストの条件付き書式 (Column Formatting) 機能、登場。

SharePoint Online では先行リリースのテナントから、新機能の "Column Formatting" 機能が利用できるようになっています。この機能はモダン UI になっているリストおよびライブラリの列に Excel と似た条件付き書式を設定できるというものです。

利用イメージは次の通りです (ね、ちょっと Excel っぽいでしょ?)。 

2017-11-12_21-41-21

利用前に

2017年11月現在、Column Formatting 機能はまだプレビューの状態であり、運用環境では利用できないということを注意してください。要は "まだきちんとしたサポートはないけど、使ってみて、フィードバック頂戴ね" ということです。

利用するには

Office 365 が先行リリース設定(テナントレベル、ユーザーレベル、どちらも可)となっていれば、2017/11/8 までに(US時間) 展開されるとのことでしたが、実際には私が持っているテナントは 11/9 に利用できるようになったものと、11/11 頃になってようやく利用できるようになったものとがありました。が、さすがに先行リリースに設定されいれば、もう利用できるようになっているのではないでしょうか。ちなみに、その他のテナントも11月末までにはロールアウトされるとのことです(予定よりは少し遅れるかもしれませんが) 。

さて、この機能が利用できるようになると次の図のように、列にの設定に[この列の書式]メニューが表示されるようになり、ここに条件を記載することになります。

ちなみに、現時点ではJSON形式で条件を記述しなくてはなりません。ゆくゆくはノンコーディングで設定できるようにするということですが、当面はこれを記述しなくてはいけないわけです。どのように記述すればよいかは次の記事を参照してください。

 

Use column formatting to customize SharePoint

You can use column formatting to customize how fields in SharePoint lists and libraries are displayed. To do this, you construct a JSON object that describes the elements that are displayed when a field is included in a list view, and the styles to be applied to those elements.

 ここに記載してあるパターンを書き写せば基本的には動くので、そういう意味ではハードルは低いのですが、それでも資料をベースにアレンジするとなると、多少のコーディング知識がないとちょっと嫌になってしまうかもしれません。アイコンは Office UI Fabric から持ってきたりもしますので、その辺の知識も整理しておく必要があります。

モダン UI は従来のアプローチでは JavaScript は組み込めない

ちなみに、モダン UI は従来の "スクリプト エディタ" Webパーツなどを使った JavaScript の組み込みはできませんし、CSSも適用できません。NoCode という設定がされているためです。そのため、見た目をカスタマイズするにはこうした Column Formatting や SharePoint Framework を利用する必要があるのです。モダン UI でも SharePoint Framework を使えば、JavaScript を組み込めます。

より高度な機能を利用するには

さて、満を持して登場した Column Formatting 機能ですが、これと対抗馬にあるのが SharePoint Framework Extensions  (SPFx Extensions) です。SPFx Extensions を使うことで、SharePoint サイトに次の3種類の機能が実装できます。

  • Application Customizer
  • Field Customizer
  • ListView Command Set

このうち Column Formatting と同等のことができるのが Field Customizer であり、JSLink をご存知の方はこれに代わるものであると考えてください。これらは JavaScript を使ってコーディングできるため、Column Formattingより柔軟性が高い処理や設定が可能です。まずはColumn Formatting を試してみて、JavaScript が書ける方は SharePoint Framework Extensions にチャレンジし、違いを比較してみてください。

SharePoint Framework Extensions (Office UI Fabricを含む) に関しては、今のところ国内では弊社だけが開催している "SharePoint Framework 入門" オリジナル研修コースで学習することも可能です! 今注目のおすすめのコースです!!

 

コメント

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前とメールアドレスは必須です。メールアドレスは公開されません。)