SharePoint Online の新しい管理センター
Microsoft Bookings を使ってみよう

Office 365 Enterprise Edition での Microsoft Booking の有効化

Office 365 の予約管理アプリである Microsoft Bookings は次のサブスクリプションで既定では有効になっています。

  • Office 365 Business Premium
  • Office 365 Education A3, A5

現在は Office 365 Enterprise E3 または E5 でも無料で利用できるようになっていますが、既定ではオフであり、追加設定が必要です。

で、この設定手順の掲載場所を探すのが手間取ったので備忘録です。具体的な資料は下記の場所にありますが、英語のみです。

Get access to the Office 365 Business apps for Enterprise subscriptions

必要な設定を要約すると Office 365 のテナントレベルで有効にしたあと、フリーのアドオンとして追加しないといけません。その後、ライセンスをユーザーに付与します。

まず Office 365 のテナントレベルの設定ですが、Office 365 管理センターから[設定]>[サービスとアドイン]の順にクリックし、Bookingsを有効にします。

続いて、アドオンを追加します。通常、アドオンは有料ですが、Bookings は無料です。手続き上、支払いのページにアクセスさせられますが(下記動画では省略しています)、もちろん0円です。

以上の設定が終わったら、あとはユーザーアカウントにライセンスを付与します。

2018-01-18_5-32-24

ということでまずはここまでが、事前設定です。

ライセンス付与されたユーザーは https://www.office.com/ にアクセスすると利用できる「すべてのアプリ一覧」に Bookings が表示されるようになります。

2018-01-18_5-37-02

ということで、本記事はここまで。

 

コメント

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前とメールアドレスは必須です。メールアドレスは公開されません。)