"Microsoft Stream" にカテゴリー登録されている3 投稿

[Microsoft Stream] トライアル期限が切れます、というメッセージと Microsoft Stream のプラン

Office 365 Enterprise E1 を使っているテナントに次のようなメッセージが届きました。

2018-04-05_12-02-38

"Your Microsoft Stream Trial is expiring on April 15, 2018. You will have a 30-day in-grace period allowing you to continue accessing the features of the Microsoft Stream Trial. Once the Microsoft Stream Trial is disabled, your users may notice some features are no longer available. These features include: speech to text transcription, and people detection in videos.
Beginning May 15, 2018, your trial subscription will be disabled and users will lose access to this subscription." (一部抜粋)

要は、"Microsoft Stream はこれまでトライアル版だったけど、2018年4月15日でこの有効期限が切れるよ" ということです。2018年5月15日以降はトライアルサブスクリプションは無効化され、このサブスクリプションにアクセスできなくなるよと。これにちょっと驚く方もいるのではないでしょうか。

Office 365 ビデオから Microsoft Stream への移行

従来は SharePoint ベースの動画共有サービスとして Office 365 ビデオがあり、これをまだ使っている組織もあると思います。しかし、その後 Azure ベースで開発された Microsoft Stream サービスが公開され、これまで Office 365 ビデオを使っていたユーザーのコンテンツは Microsoft が Stream へと移行してくれることになっています。現在のところ2018年前半に移行開始が予定されています。詳しくは下記のリンク先を参照してください。

Office 365 ビデオから Microsoft Stream への移行

Microsoft Stream は、高度な情報を提供する企業の動画を活用して、知識の共有、コミュニケーションの簡易化、セキュリティで保護されたエンタープライズ環境を実現する新しい動画サービスです。 Microsoft Stream is a new video service that uses the power of intelligent enterprise video to enable knowledge sharing, easier communication, and connectivity in a secure enterprise environment. Microsoft Stream は Office 365 ビデオの後継サービスですが、移行期間中は 2 つのサービスが共存する予定です。 Microsoft Stream is the successor to Office 365 Video; however, the two services will co-exist during the transition period.

ということで、つまりは並行運用から次の移行フェーズへ移る準備段階へ入ったと考えられます。

Office 365 用 Microsoft Stream プラン

さて、先ほどの有効期限切れの話に戻りましょう。有効期限が切れるのはあくまでも Trial 版です。ではそもそも Microsoft Stream にはどんなプランがあったんだけ? というと下記の通りです。

  • Office 365 付属プラン
  • Microsoft Stream Plan 1
  • Microsoft Stream Plan 2

詳細は👇

Microsoft Sream のプラン

Trial 版は実質 Microsoft Stream Plan 2 の機能が含まれており、これに特化する機能が使えなくなるよ、というわけですね。Office 365 付属プランってどうなっているの? という疑問がわきます。そもそも Office 365 の下記のプランには Microsoft Streamが含まれます。

  • Office 365 Education
  • Office 365 Education Plus
  • Office 365 Enterprise K
  • Office 365 Enterprise E1
  • Office 365 Enterprise E3
  • Office 365 Enterprise E5

ただし、プランによって利用できる機能は異なります。

機能 Ofice 365 K1 Enterprise E1/Education E1 Enterprise E3/Education E3 Enterprise E5/Education E5 Office 365 機能のアドオン
 動画の表示 〇   〇   〇   〇   〇 
 動画のアップロード    〇   〇   〇   〇 
 自動生成されたトランスクリプトの検索        〇   〇 
 動画内の顔検出        〇   〇 
 顔が表示される箇所のタイムラインビュー        〇   〇 

[参考] [Microsoft Stream] ライセンスの概要

つまり、最上位のプランである E5 を使っている場合は Microsoft Stream Plan 2 の機能が含まれています。それ以外は含まれない。ですから E1, E3 などのプランユーザーはこれまでTrialだったので全機能使ていたのですが、期限が切れれば「自動生成されたトランスクリプトの検索」「動画内の顔検索」「顔が表示される箇所のタイムラインビュー」の機能が利用できなくなるよということのようです。Enterprise や Education プランを使っている方は全機能が使えなくなるわけではありません。ただし、Microsoft Stream Plan2 相当の機能はアドオンとして追加購入できるので、必要があれば完全に無効化される前に購入しておいてね、と。

ちなみに、トランスクリプトの自動生成は英語とスペイン語のみしか対応していませんし、顔を映したビデオコンテンツも国内の組織では少ないのではないかと思います。そういう意味では"人"で動画検索はあまりしないのでは?  そう考えると、とりあえずは、少なくともトランスクリプトの自動生成が日本語に対応するまでは追加購入するほどではないかもしれませんね。


Microsoft Stream が正式リリース(GA)

2017年6月21日付けで Office 365 Video の後継となる Microsoft Stream が正式にリリースされました。弊社でも先月より新しく作成したビデオは Microsoft Stream での利用を始めました(Office 365 Video と併用しており、既存コンテンツはそのままにして、新規作成コンテンツのみ Stream で公開するようにしました)。

  2017-06-21_13-42-08

2017-06-21_14-10-30

詳細は下記のページを参照してください。

Microsoft Stream

音声の文字起こしと顔検出で、関連コンテンツを簡単に見つけることができます。単体のビデオでも、会社のすべてのビデオであっても、特定の言葉や、画面に登場する特定の人物を探すことも可能です。Microsoft Stream のインテリジェンスにより、アクセシビリティ機能も充実しているため、すべての人が自分のニーズに合わせて参加できます。

 Office 365 ユーザーとしては下記のプランであれば利用できます。

  • Office 365 Education
  • Office 365 Education Plus
  • Office 365 Enterprise K
  • Office 365 Education E1 ~E5

また新しいところとしては、Office 365 のユーザーでなくても単独プランが提供されることです。次の2プランがあります。

  • Microsoft Stream Plan1 … \326.25 (ユーザーごと、月ごと)
  • Microsoft Stream Plan2 … \543.75 (ユーザーごと、月ごと)

 Office 365 Video を使っているユーザーにとって気になるのは相違点ですが、現時点での機能差異は下記のページに記載されています。

Microsoft Stream & Office 365 Video feature breakdown

Office 365 Video になかった機能として注目する点は次の通りです。

  • "いいね" によるフィードバックが可能
  • 自分専用の Watchlist を作成できる
  • 複数チャンネルへの登録が可能
  • 外部ユーザーアクセスが可能 (2017年 Q3/Q4) 
  • Office 365 グループの利用が可能
  • Live Streaming ( 2018年 Q1/Q2 での提供予定)
  • PowerApps と Flow との統合 (時期は未定だが統合予定)
  • Delve への表示 (2018 年対応)
  • SharePoint Home への動画やチャンネルの表示  (2018年対応)
  • エンタープライズ検索による検索 (2018年対応) ※ Microsoft Stream 内での検索はできるが SharePoint からの検索は今はできないという意味
  • 動画内の顔認証 (人の名前での動画検索が可能であるが、将来的な対応となりまだ未実装)
  • 音声のトランスクリプト自動生成 (現在は英語とスペイン語のみ対応)
  • REST API (2017年 Q3/Q4での対応)
  • Yammer 連携

Mobile アプリに関しては現在は未提供であり、提供時期も未定ですが、当然対応するとのこと。これまで Office 365 Video ポータルは SharePoint をベースに作られており、チャンネルも作成すると裏ではサイトコレクションが作成されてそこに格納する仕組みであったため、チャンネル変更ができない不便さがありました。またアクセス権限も Office 365 グループが利用できない、外部ユーザーと共有できないという難点があります。Microsoft Stream は Azure Media Services は同様に利用するものの、基盤は SharePoint ではなくなり、各課題が一気に解決するたけでなく様々な新機能が追加されています。

Office 365 グループとの連携の重要性

チャンネルの概念が Office 365 Video とは大きく異なっています。そもそもチャンネルはテレビと同じく、ビデオを仕分けるために使用します。チャンネルには 2つ種類があります。

  • 会社のチャンネル
  • グループ チャンネル

会社のチャンネルは誰でも動画を追加したり視聴できます。一方のグループチャンネルは Office 365 と紐づけて利用するチャンネルであり、1部門やチームなど特定のグループのみが動画にアクセスできるようになります。Office 365 グループごとに既定でビデオが共有できるようになっており、グループチャンネルは各グループ内に必要に応じて作成します。下図が Office 365 グループであり、[マイグループ]というページに一覧表示されます。各グループごとにビデオが共有でき、必要に応じてチャンネルが作成できるようになっています。

2017-06-21_14-04-50

Office 365 ではチャンネルごとに簡易的な権限設定をしていましたが、Microsoft Stream ではグループごとに指定ができ、グループメンバーは全員投稿できたり、またグループの所有者のみが投稿できるといったような指定が可能です。また、ビデオごとにアクセス権限の設定もできます。

[ビデオのアクセス許可]

2017-06-21_14-16-37

※グループ内で共有するが、ビデオの所有者以外は表示のみしかできないといった指定が可能。

つまりは、Microsoft Stream を利用する上でも Office 365 グループの利用は欠かせません。Office 365 グループの運用方法をまだ決めていない組織も多いと思いますが、ぼちぼち本腰を上げる必要がありそうです。ちなみに、Microsoft Stream からも権限があれば、 Office 365 グループが作成できます。

Yammer への投稿

Yammer への投稿も楽にでき、投稿したビデオそのまま Yammer 内で再生できます。

  2017-06-21_14-29-53

 

 

 

 

 

 

 

 

2017-06-21_14-35-00


[Microsoft Stream] 説明にハッシュタグを利用する

Microsoft Stream では公開するビデオコンテンツの説明部分にハッシュタグを追加できるようになっています。Office 365 Video ではこのあたりの機能が乏しく、分類はチャンネル頼みであり、その点でハッシュタグで分類できるStream は非常に便利です。

[説明部分のハッシュタグ]

2017-06-15_5-56-24

[ハッシュタグのクリック結果]

ハッシュタグをクリックすると、そのタグで検索します。

2017-06-15_5-56-36

また、アップロード時のサムネイルの取得やアップロード後のトランスコーディングなども Office 365 Video より非常に早く終わります。再生開始も早いように思います。というように Office 365 Video にはない "良さ" が Microsoft Stream にはあります。まだ正式に GA とはなっていませんが、近く GA となるようですし、Office 365 Video ユーザーの方はそろそろ Microsoft Stream を積極的に使い始めてみてはいかがでしょうか?