"Office 365 / SharePoint Online" にカテゴリー登録されている94 投稿

[SharePoint] ページへのコメント

SharePoint でWiki ページを利用している場合に、ページにコメントをできる機能を持たせたいという要件が時々あります。Wiki ページの標準ではこの機能は実現されていませんが、SharePoint Online の新しい "サイト ページ" であれば、既定でコメント機能が実装されています。

2017-07-05_15-15-45 [画面の下部にコメント欄がある]

新しい "サイト ページ" は Wiki ページ同様に "サイトのページ"から作成できますが、モダンUI対応となっており、Webパーツも新しいものしか利用できません。そして Webパーツが、まだプレビューのものも多くしばらくは実験的に利用するのがベターだと言えます。

とはいえ、既存サイトで Wiki ページに同様の機能をカスタム開発しようとしている方は、今後標準でこの機能が利用できるようになるため場合によっては開発コストをかける必要はないかもしれませんのでよく検討してみてください。

ちなみに、このコメント機能は SharePoint 管理センターから全体管理者がオンまたはオフを設定できるようになっています(サイトコレクションやサイト単位ではありません)。

2017-07-10_12-56-23

[SharePoint 管理センター > 設定]


[SharePoint Online] 新しいサイトの利用状況レポート

SharePoint Online では新しい Modern UI に設定されているサイトであれば、新しいサイトの利用状況レポートが表示できるようになりました。現在新機能がロールアウト中です。

新機能が展開されると[サイト コンテンツ]ページに[サイトの利用状況]リンクが新たに追加され、ここからサイト内でよく閲覧されているファイルなどがランク順で表示されます。とはいえ、サイトがモダンUIになっていることが前提であり、クラシック設定になっている場合は新しいメニューは表示されないのでご注意を! 

2017-07-05_13-34-13

表示内容

  • 過去7日間の閲覧数
  • 過去7日間に追加された新規アイテム
  • 過去2週間で閲覧回数の最も多いファイル
  • 組織外の特定のユーザーと共有されているファイル

2017-07-05_13-33-53

従来との違い

従来ではサイトの管理者またはサイトコレクションの管理者が [人気の傾向]として都度、情報を Excel にエクスポートし、サイトにどの程度ユーザーがアクセスしているかを大まかにつかむことしかできませんでした(もしくは特定のライブラリ内にあるファイルのアクセスランキングが表示できる程度であり横断的な情報ではない)。それが、今回の新しいレポートによりサイト内の人気のコンテンツをユーザーでも確認できるようになったわけです。ただし、あくまでもよく閲覧されているファイルのみ (Wikiページなどのページも含む) が対象でありリストのアイテムを個別に表示してくれるわけではありません。

また、ファイルの"人気の傾向" に関しては "過去2週間" で人気のある情報を取得していますので、従来からある検索エンジンが内部的に保持しているクリック情報をベースにレポートを生成しているであろうことが想像できます。この手のページはこれまでは "検索結果Webパーツ" をアレンジして使っていたり、JavaScript などを使って取得して作成していため標準機能である程度まで用意されているとユーザーにとっては手軽であるといえます。

 

 


[オフィスアイ] 2017年9月より新コースリリース

弊社オフィスアイ株式会社は、2017年9月より下記のオリジナルコースをリリースいたします。

オープンコースはもちろん、一社向けの開催も可能です。詳細については、下記リンク先のお問合せフォームからお問合せください。

オフィスアイ - お問合せ

 


SharePoint Pattern & Practices を利用して効率よくカスタマイズを展開しよう

2017/5/27 Japan SharePoint Users の大阪開催の勉強会で「SharePoint Pattern & Practices  (SharePoint PnP) で提供されている機能を利用して、SharePoint のカスタマイズを効率よく展開する方法」について説明しました。

YouTube でもストリーミング配信されていたのですが、見ていない方も多いと思います。デモが中心だったため資料はあっさり目ですが、従来の SharePoint サイトのテンプレート化よりもよりスマートにカスタマイズ内容を複数のサイトコレクションに展開できます。

勉強会の資料を共有しておきましたので、ご参考まで。

 

SharePoint PnP はオープンソースであるため、となたでも利用できますし、学習できます。

弊社「オフィスアイ ラーニング ポータル」では SharePoint PnP の便利な機能をトピックスとして順次扱っていく予定です(今回の勉強会の内容のフォローアップもします)。英子が苦手な方や自分で勉強する時間がなかなか取れない方は弊社サービスもご検討くださいませ。


"Napa" 提供終了

しばらくアクセスしていなかったので気づかなかったのですが、SharePoint アドイン開発の目的で Office 365 上で利用できいた "Napa" が 2017年3月31日をもって提供を終了していました。

新規にインストールできないのはもちろん、起動しません。

MSDNなどには "Napa" をベースとした記事も残っているので、気を付けましょう。

2017-05-26_11-32-32