"OneDrive / OneDrive for Business" にカテゴリー登録されている3 投稿

[Flow] Microsoft Flow for Excel (Preview) 登場 - SharePoint と連携させよう!

さて、1週間前ほどになりますが、Excel 内から Microsoft Flow のフローが利用できるようになりました。といっても、まだプレビューです。

Flow is available in Excel and the Outlook Web App, introducing Business process flows, and more! | Flow のブログ

There are two new flow integrations: with the new Flow button in Excel, you can create and trigger automation directly on tables in your worksheets, and, you can now create flows that sync tasks to Microsoft ToDo in the Outlook Web App.

Excel の アドインとして提供されます。アドインの詳細は下記のリンク先などを参照してください。

Microsoft Flow for Excel (Preview)゜

Automate repetitive tasks by integrating your favorite apps and services with Microsoft Flow.

 2018/8/1 現在のアドインの概要は次の通り。

  • バージョン : 1.0.0.2
  • 更新日時 : 2018/7/17
  • サポートされている製品 : Excel 2016 + , Excel 2016 for Mac, Excel Online

つまり、Excel 2016 以降で利用できるということですが、注目すべきはいわゆる "Office Webアドイン" であるため Excel Online でも使えるということ。手元の環境が Excel 2013 以前だというケースでは Excel Online だと試せます。

Office ストアへのアクセス制限を考慮

ところで、このアドインは入手元は Office ストアです。Office 365 テナント管理者は組織内のユーザーが Office ストアにアクセスできるかどうかを制御できます。そのため、これを許可していなければユーザー自身が Office ストアからアドインを追加することはできません。試したくてもテナント管理者が許可していないなぁ。ということもあり得るので注意してください。

 

とはいえ、これは基本的に「ユーザーが勝手には」追加できないという話。管理者が今回の Microsoft Flow アドインのように、特定のアドインの利用を全てのユーザー、または特定のユーザーやグループにのみ許可することはできます。

2018-08-01_11-34-27

アドインを追加してみよう!

では上記の条件をクリアしている前提ですが、Excel 2016 でアドインを追加してみましょう。

追加すると[データ]タブに[Microsoft Flow]ボタンが追加されるようになります。これをクリックすると Flow 用のパネルが右側に表示されます。Excel Online を使っている場合も同様にアドインの追加が必要です。

2018-08-01_11-42-20

このパネルからフローを作成したり、開始したりできます。

Excel アドインでは Excel内に作成してあるテーブルを基軸にします。テーブル内の任意のセルを選択し、その行データを使ってフローを処理します。ですから、「選択した行から」というトリガーが基本。ちなみに現時点でExcelアドインを使ったテンプレートとして用意されているものは次の通りです。 

  • 選択した行から --> メールを送信する
  • 選択した行から --> SharePointにアイテムを作成する
  • 選択した行から --> Dynamicsにエンティティを作成する
  • 選択した行から --> 承認を送信する
  • 選択した行から --> Teamsにメッセージを投稿する
  • 選択した行から --> 他のスプレッドシートに行を作成する
  • 選択した行から --> Twitter にメッセージを投稿する

SharePoint と連携させてみよう!

 では SharePointリストと連携したフローを作成してみましょう。対象は SharePoint のカスタムリスト。Excel シート内のデータをここに手作業で書き写すのではなく、フローを使って素早くアイテムを追加できます。詳しくは YouTubeに動画を公開しましたので、ご参考まで。

トラブル対応情報

ちなみにビデオでは、Excel Online を使いました。デスクトップ版に比べるとトラブルが少ないためです。では、ここまでで遭遇したトラブルを以下に共有しておきます。いずれも Flow のパネル部分の問題であり、パネル自体は表示されるが、パネル内に何も表示されないか、エラーが表示されてしまう。

2018-08-01_16-04-15

私自身は、複数テナントを持っているので、これを切り替えるためにアカウントを切り替えて使っていたのですが、何度かやっていたら、「ウンともスンとも」画面がでてきません。アドインのアンインストールと追加も何度やったことか。。。Cookieの削除とか、あれこれ。しかも半日経っても治らない。そこで Twitter でこの困った件をつぶやいたら「Yugo Shimizu」さんからヒントを頂きまして、それをもとにあれこれやったら「サインイン」が出てくるところまでは何とか修正できました。

で、何をやったかというのをメモしておくと、そもそもこの部分は Office Webアドインであり JavaScriptで動作しているわけです。そのため、プラウザー側にも何かしら影響を受けます。そのため下記のことをやりました。が、正確にはどれが正しい処理なのかまでは追及しきれていないので、はっきりしたことが分かれば追記しようと思います。

  • IEと Edgeの両方を使っているので、念のためどちらも Office 365 ポータル (www.office.com) に入り直し、きちんとサインアウトする
  • 各ブラウザーでMicrosoft Flow ポータルにも入り直し、きちんとサインアウトする
  • 念のためPCを再起動

以上です。ただ、再び同様の現象が発生しているので、なかなか問題追及は難しいです。特にOffice 365 にサインインするときに「サインインを継続する」をオンにせずにいるとトラブルにあう可能性が高まります(これは、PowerAppsの方も同じですが)。

Edge を使って Excel Online 上でフローを利用しようとしていたら、下記のようなエラーメッセージにも遭遇しました。

2018-08-01_15-01-29

確かに IE側では、https://flow.microsoft.com はセキュリティ ゾーンにキチンと登録していなかった。。。ですが、Chrome に切り替えたらすんなり動きました。まだまだプレビューですし、不安定さありますが、それでも Excel Online + Chromeは安定しているようなので、検証する際にはまずはこの環境を利用することをお勧めします。

 


[SharePoint Online] Excel ファイルを簡単に埋め込む

SharePoint Online や OneDrive for Business Online を使っていると、最新の Office Online も利用できるわけですが、従来埋め込みが面倒だった Excel ファイルがいつの間にか簡単に埋め込めるようになっています。気づいていない方は必見です

手順としては、SharePoint /OneDrive for Business 内のライブラリに保存されている Excel ファイルをWebブラウザー上で開き、Excel Online にアクセスします。その後、[共有]メニューから[埋め込み]をクリックします。手順は次の通り。

これで Iframeタグを含む埋め込みコードが手軽に生成できます。

従来だと下記のような資料を見ながら手組で Iframeタグを生成して埋め込んだりしていました。

https://support.office.com/en-us/article/Embed-your-Excel-workbook-on-your-web-page-or-blog-from-SharePoint-or-OneDrive-for-Business-7af74ce6-e8a0-48ac-ba3b-a1dd627b7773

コンシューマー向けのOneDrive には搭載されていたようですが、エンタープライズ向けにも利用できるようになったことで、Iframeタグなどに詳しくないエンドユーザーも手軽に利用できるようになります。

 


新しい OneDrive の同期クライアントをインストールしても以前の OneDrive 同期クライアントで同期してしまう問題

以前の OneDrive 同期クライアント (Groove.exe) を使っていて、新しい同期クライアント (OneDrive.exe) をインストールしても、SharePoint Online のドキュメント同期をする際に旧バージョンが起動し新しい同期クライアントでの同期が行われないことがあります。

原因は SharePoint Online の管理設定が "古いクライアントを起動" するように設定されていることにあります。

新しい同期クライアントを試す

まずお試しとして特定のユーザーだけで新しい同期クライアントを有効にするには、新しい同期クライアントをインストールしたうえで、下記のページから TeamSiteSyncPreview.reg をダウンロードして開き、"SharePoint ドキュメント ライブラリ同期" を有効にするようにレジストリ変更する必要があります。

詳しくは次のリンク先を参照してください。

OneDrive の次世代同期クライアントを使用して SharePoint ファイルを同期する - Office サポート

新しい OneDrive 同期クライアントと SharePoint Online の同期を有効にする方法について説明します。

 

SharePoint Online 側で設定を変更する

本格的に新しい同期クライアントを社内で展開するには、SharePoint 管理センターの[設定]から "SharePoint の同期クライアント" の設定を "新しいクライアントを起動" に変更します。意外に気づきにくい設定であるため、確認するようにしましょう。

2017-05-05_14-16-45

あとは必要に応じて引継ぎコマンドである 「OneDrive.exe /takeover」を実行し、OneDrive を再起動します。