VSeWSS v1.1 日本語版リリース!
Windows Server 2008 上への SharePoint インストール

IRM との連携

「ひと目でわかる SharePoint Server 2007」の書籍にも IRM の連携方法を記載していましたが補足しておきます。なかなか改訂のチャンスがなく、今更ながらとなってしまい申し訳ありません。

RMSサーバーを構築したあと、SharePoint 側で IRM を構成しようとしても "SharePoint サーバー名$\@ドメイン名がアクセス拒否されました"という旨のメッセージが表示されて構成ができないことがあります。

この場合は、 RMS管理サイトで提供される Web サービスのアプリケーションファイルである "ServerCertification.asmx" のNTFS アクセス許可を変更しておく必要があります。このファイルは通常 RMS管理サイトのホームディレクトリ配下の "_wmcs\Certification" フォルダ内にあります。

"ServerCertification.asmx" には次の 2つのメンバーに対して "読み取りと実行" アクセス許可を割り当てる必要があります。

  • SharePoint のサーバーアカウント
  • SharePoint サイトで利用している アプリケーションプールの識別IDアカウント

SharePoint とIRM 連携に関する資料は公開されていても、後者に挙げた「アプリケーションプールの識別IDアカウントへアクセス許可を付与する」ことが記載されていないため見落とししてしまいがちです。ご注意ください。

クライアント側で注意することがあるとすれば、利用するユーザーアカウントのプロパティに電子メール アドレスが設定されていない場合です。この場合、ファイルに対して IRM のアクセス制限を設定しようとする際に「予期しないエラーが発生しました。 後で再度送信するか、またはシステム管理者に連絡してください。」というメッセージが表示され IRM が設定できません。

なお、SharePoint と IRM 連携のアーキテクチャに関しては次の資料が詳しいです。ご参考まで。

http://msdn2.microsoft.com/ja-jp/library/ms439625.aspx


【参考】http://chrissyblanco.blogspot.com/2006/07/moss-and-rms-woes.html

コメント

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前とメールアドレスは必須です。メールアドレスは公開されません。)