IRM との連携
検索ボックスのカスタマイズ (1)

Windows Server 2008 上への SharePoint インストール

検証用に MSDN 版のWindows Server 2008 を用い、 MOSS をインストールしてみました。自分の備忘録のために Windows Server 2008 への展開に関する主だった情報をまとめておきます。

インストール手順の概要

構築環境

  • 1台のWindows Server 2008 上にファーム構成インストールで SQL Server 2005 Enterprise Edition および SharePoint Server 2007 Enterprise Edition を構築
  • なお、このマシンは検証環境であるため、ドメインコントローラを兼任させている

事前準備 1

  1. Windows Server 2008 Enterprise Edition without Hyper-V をインストール
  2. ドメインコントローラに昇格 (同時に DNS サーバーをインストール)
  3. SQL Server 2005 および SQL Server 2005 SP2 をインストール
    ※インストール後、SQL Server 2005 のセキュリティ構成でリモート接続ができるよう TCP/IP と名前付きパイプを有効化
  4. IIS 7.0 を追加インストールし、ASP.NET 、IIS 6.0 管理互換などの役割を追加
    ※サーバーマネージャにて構成
  5. .NET Framework 3.0 を追加
    ※サーバーマネージャにて構成

事前準備 2

SP1 適用済みのイメージのインストールポイントを作成

  1. インストールポイントとして利用するフォルダを作成 (例.C:\Kit\MOSS_Source)
  2. 1.のインストール ポイントに 製品版 MOSS のインストールファイルを一式コピー。このとき、インストールファイル内に "Updates" フォルダが含まれていることを確認する。ここに以下の手順で抽出する更新ファイルを格納する。
  3. WSS SP1 および MOSS SP1 (OfficeServer SP1)をダウンロード
  4. 次のコマンドを使用し、WSS SP1 から更新ファイルを抽出
    <※32bit環境の場合>
    wssv3sp1-kb936988-x86-fullfile-ja-jp.exe /extract:<Updatesフォルダのパス>
  5. 次のコマンドを使用し、MOSS SP1 から更新ファイルを抽出
    <※32bit環境の場合>
    officeserver2007sp1-kb936984-x86-fullfile-ja-jp /extract:<Updatesフォルダのパス>
    ※2008.4.11 修正しました
  6. 最後に Updates フォルダに "Svrsetup.dll" がコピーされていることを確認。また、"Wsssetup.dll" は削除しておく。

展開

上記の手順で作成したインストールポイントから setup.exe を実行。あとは、通常通りの MOSS のインストール手順となる。

なお、言語パックのSP1のインストール方法については、下記の「参考にした資料」内の "SharePoint Server 2007 SP1 インストール ソースの作成" 方法を参考にしてください。

参考にした資料

Windows SharePoint Services 3.0

Office SharePoint Server 2007

その他メモ

  • WSS 3.0 は Windows Server 2008 のサーバーの役割には含まれないため、を単体でインストールする場合は、WSS 3.0 SP1 同梱のインストールモジュールを Web からダウンロードする必要がある
  • SharePoint  Server 2007 の場合は、SP1 同梱のものを作成してから展開する必要がある
  • 以前と同様、単一サーバー(スタンドアロン構成) から ファーム構成への直接アップグレードはできない。


Windows Server 2008 上に構築した場合のトラブルシューティング情報などもも以下のサイトに掲載されているようです。

参考 :「Windows Server 2008 Resource Center for SharePoint Products and Technologies

コメント

naokin

ちょうど職場でこの話題をしていたところでした。何とタイムリーな。

というのも、日本語評価版にSP1を同梱したイメージがダウンロードセンターに公開されていたからで、あわせて英語評価版が出た当時の情報などをさかのぼってチェックしていました。

山崎さんの記事で一番最後の参考のところに書かれているサイトや製品チームブログにも出てますが、どうやら新規インストールとしてはこの評価版を使って後でキーをアップグレードするというやり方をマイクロソフトとしては当面推奨しているようですね。評価版というと何となくイメージが良くない?ので、ちゃんとしたインストールイメージを出してほしいところですが・・・。

ところで、入れ違いor私の勘違いでしたら住みません。
山崎さんの記事で、MOSSのSP1からファイルを抽出するコマンド例が、WSSのコマンド例と重複してるみたいです。technetの記事にはMOSSのファイルから抽出するコマンド例が書いてあるので、そちらの方がたぶん正しいのではないかと思います。

山崎愛

naokin さん

思いがけずタイムリーな情報となりましてよかったです。

コマンドラインのご指摘をありがとうございます。WSS のコマンドラインをコピペして、あとから MOSS のものに書き換えようと思ってそのまま忘れていました。

確かにインストールソースを作成するのも、多少手間ではありますね(それでも割とあっさりインストールできてしまいましたよ)。早く製品版で同梱版をさくっとインストールできるようになるとよいですね。

kazu

Windows Server 2008でのSharePointは気になっていたのですが、早速試されているのですね。防備録は必要ですよね。^_^;

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前とメールアドレスは必須です。メールアドレスは公開されません。)