SharePoint 関連書籍の発売について
御礼申し上げます。

stsadm.exe の知っていると便利な機能紹介 (2) の補足

前回の記事(http://shanqiai.weblogs.jp/sharepoint_technical_note/2008/09/stsadmexe-2-d88.html)でご案内した 「既存のコンテンツDBを新しいコンテンツDBに移動する」際に利用する"mergecontentdbs" オプションですが、SharePoint Team Blog にも記事が上がっていましたが、元のコンテンツDBサイズが10GBを超える場合にデータペースが破損してしまうという問題が起こるケースがあるようです。

当該内容の記載されているサポート技術文書は以下の通りです。

また、先月末にWSS 3.0 およびSharePoint Server 2007ともにService Pack 2がリリースされていますが、WSS 3.0のSP2では、もともと mergecontentsdbsオプションが利用できるのはFarm Administrators グループとローカルの Administrators グループの両方のメンバである必要があり、かつ移動する必要があるサイト コレクションの管理者である必要がありましたが、サイトコレクションの管理者でなくともFarm Administrators グループとローカルの Administrators グループの両方のメンバであれば利用できるようになったようです。

コメント

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前とメールアドレスは必須です。メールアドレスは公開されません。)