マイクロソフト Tech Fielders コラムへの寄稿 (後編)
SharePoint Server 2010 Technical Preview

UIカスタマイズに関する最近お気に入りのブログ

最近よく拝見しているお気に入りのサイトがあります。SharePointの標準機能とJavaScriptで様々なUIカスタマイズをされている方のブログです。英語ですが、非常に参考になります。

たとえば、通常のリストで計算列とJavaScriptを組み合わせてグラフ表示を可能にしたり、jQueryを使ってガントチャート ビューを見やすくしたり、複数のWebパーツをタブで簡単に切り替えられるようにしたり。。。。

作者の方は、現場では結局、カスタマイズをしたくても実際にはサーバーには手を入れられないユーザーが非常に多いという経験から、できる限りコンテンツ エディタWebパーツや計算列、JavaScriptだけを使ってカスタマイズする方法を色々と考案しているそうです。これについては、確かに納得です。最近現場に入らせていただくことが増えていますが、カスタムツールなど少しコーディングすればかなり使い勝手は良くなるんだけどなぁと思うところがあっても、なかなかサーバー側は管理できず、Designer とJavaScript もしくは InfoPath を駆使して頑張るというケースが結構多いのです。

当たり前ですが、SharePointもWebソリューションですから、何かちょっとしたことをする場合にJavaScriptは欠かせないなぁとは思っていたのですが、とはいえこのサイトを見るとその着眼点には感心しきりで、すごいなぁと驚くばかりです。ちなみに、SharePointのDeveloperというわけではないようですね。

実際に操作できるようにSharePointサイトも公開されていますので、ご興味のある方は参考にされるとよいのではないでしょうか。

Live Demo サイト: http://pathtosharepoint.com/FusionCharts/default.aspx

ご参考まで。

コメント

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前とメールアドレスは必須です。メールアドレスは公開されません。)