VSeWSS v1.2 を使った場合の不具合について
[お礼] Microsoft MVP アワードを再受賞することができました

Windows SharePoint Services 3. 0 のデータベースや SharePoint Server 2007 データベースを最適化する方法

自分の備忘録として、データベースの最適化について整理しておきます。

データベースの最適化

SharePoint を使っている場合もデータベース内のデータがフラグメントするため、定期的に最適化する必要があります。

データベースの最適化方法には次の2つがあります。なお、いずれも SQL Server 2005 以降を使用していることを前提としています。

「SharePoint の SP2 を適用している」

SP2 ではコンテンツ DB に対しては、自動的に最適化されるようになっています。このことについては以前の記事で紹介しています。

「SharePoint の SP2 を適用していない」

SP2 を適用していない場合は、SQL Server ストアドプロシージャを作成して定期的に実行します。詳細についてはサポート技術文書を参照してください。

ちなみに、上記のサポート技術文書を確認すると、SP2 適用後の場合は、自動的に最適化される対象は "コンテンツ DB" および "構成データベース" となっているとあるので、コンテンツ DB だけが最適化の対象ではなかったようです。

ということは、結局このサポート技術文書にあるストアド プロシージャが 、SP2 をインストールするとDBに作成されるということかしら、と確認をしてみたところ、確かにありました。 サポート技術文書同様に "dbo.proc_DefragmentIndices" という名前のストアドプロシージャです。

Defragmentindices_base

そこで SP2 が適用された SharePoint Server 2007 のDBを一通り確認してみました。

ストアドプロシージャが追加されていたのは以下のDBです。これらのDBでは、タイマージョブにより自動的にストアドプロシージャが実行されるわけです。

  • SharePoint_AdminContent_<GUID> (SharePointサーバーの全体管理サイトのコンテンツ データベース)
  • SharePoint_Config (構成データベース)
  • 各コンテンツDB

作成されていなかったDBは次の通りです。

  • SharedServices1_DB (共有サービスデータベース)
  • SharedServices1_Search_DB(共有サービス検索データベース)
  • WSS_Search_<サーバー名> (検索サービスデータベース)

以上、ご参考まで。

コメント

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前とメールアドレスは必須です。メールアドレスは公開されません。)