SharePoint Developer Forum 開催のお知らせ [SharePoint 2010]
新しい研修メニューのご案内

SharePoint 2010にこれから取り組むために把握しておくべき最初のポイント

SharePoint Server 2010にこれから取り組んでいくために把握しておくべき最初のポイントは、SharePoint Server 2007では、ある意味「境界線」と考えられていた様々な管理や機能の範囲が、一回りもふたまわりも大きくなっている点にあります。これはサーバーの管理者の方だけでなくサイトの管理者やヘビーユーザーの方にとっても、把握しておくべきところです。

SharePoint 2010では利用の幅、管理の幅が広がっていることで、「誰にどこまで管理させて、利用させるか」を再考する必要があります。もちろん、これまでと同様の管理も可能ですが、新しい概念をうまく取り入れることでこれまでと比べて柔軟な管理もできるようになります。

この非常に重要な考え方について自分なりにまとめた記事をマイクロソフトさんの「テックフィールダーズ」に寄稿させていただきました。本日公開されましたので、お知らせします。

※テックフィールダーズへは、今後も不定期ですが記事を書かせていただく予定でおります。

今後、弊社では次のように情報公開を行っていく予定です。

テックフィールダーズ テックフィールダーズはサイトの性質上、サーバー管理者、サイト管理者、ヘビーユーザー/パワーユーザーの方が読者の大部分であることを前提に、 SharePoint 2010を利用する上で重要であろう概念などをご紹介します。こちらは、まとまった情報を整理してご紹介するのがメインです。
このブログ ある程度自由に記事を書けるようにするため、特に対象者は決めず、Tipsなどを中心にご紹介していきます。
弊社Webサイト

テックフィールダーズとは異なり、あまりテクニカルになり過ぎない内容で、サイト管理者や エンドユーザーの方が把握しておくとよいであろう概念やソリューションなどをご紹介する予定です。※年明けに公開予定です

以上のように、今後もSharePoint Server 2007とともにSharePoint 2010に関する情報を積極的に公開していく予定ですので、引き続きよろしくお願いいたします。

コメント

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前とメールアドレスは必須です。メールアドレスは公開されません。)