[研修] Visual Studio 2010 を使った SharePoint 2010 ワークフロー開発
Web.Config ファイル編集 - SPWebConfigMofification クラスの利用

[研修] JavaScript を使ったサイトカスタマイズ

 半年ほど前にリリースした弊社オリジナル コース「OH-12-205 JavaScript を使ったサイト カスタマイズ入門」の内容をアップデートしました。この研修では SharePoint Designer 2010 のみのカスタマイズから一歩進んだカスタマイズ方法を習得できます。

コンテンツ エディタWebパーツをうまく利用し、ユーザーに利用しやすい簡単操作画面を提供するための基本を学べます。たとえば、以前のブログ記事でご紹介したクォータ状況情報取得コードの解説するだけでなく、サイト作成、リスト作成のパーツ作成や、リスト内の項目の表示非表示を制御したり、他のリストから選択肢の項目を取得する方法、フィールドの文字数カウントを表示する機能などの作成方法を体系立てて1日で学習できます。

SharePoint 2013 でも JavaScript によるカスタマイズは機能強化されている部分であるため、人材育成を考え、まずはSharePoint 2010をベースに基本機能は学習しておきたいところです。

ご参考まで。

[サイト作成]

ECMA-SiteCreation

[リスト作成]
ECMA-CreateList

[文字数カウント] 

ECMA-Count

コメント

この記事へのコメントは終了しました。