[SharePoint 2010] CEWP を使ってサイドリンクバーを非表示にする
[研修] Visual Studio 2010 を使った SharePoint 2010 ワークフロー開発

[トラブル シューティング] SharePoint Designer 2010 カスタム アクション開発

SharePoint Designer 2010 で利用するアクションは、Visual Studio 2010 でカスタム アクションとして開発できます。ざっと流れを書くと次の通りです。

1. Worflow Activity クラスの継承クラスを作成する
2. クラス内には、必要に応じて依存プロパティ(dependency property) を実装する
3. Execute メソッドをオーバーライドする
4. ワークフロー アクションを定義するスキーマファイル (*.actions) を作成する
5. フィーチャー レシーバーを実装し、フィーチャーがアクティブ化されたら Web.Config を書き換える
6. ソリューションを展開する

ソリューション展開後に、SharePoint Designer 2010 でカスタム アクションを利用してワークフローロジックを生成し発行した際に次のエラーメッセージが表示されることがあります。

「ワークフローのコンパイル中にエラーが発生しました。ワークフロー ファイルは保存されましたが、実行することはできません。 ---   "クラス名" はアクセスできない保護レベルになっています。」

SPD-CustomAction-Error

このメッセージが現れたら、1 で定義したWorkflow Activity の継承クラスが public となっているかを確認しましょう。public を指定し忘れると、上記のようなエラーが発生します。

-------------------------------------------------------

オフィスアイ株式会社 関連研修
Microsoft SharePoint Server 2010 ワークフロー開発基礎Ⅱ

コメント

この記事へのコメントは終了しました。