[SharePoint 2013] ライセンス管理の新機能
SharePoint Conference 2012 in Las Vegas

[SharePoint 2013] Office Web Apps 2013 の運用管理に関するメモ

Office Web Apps 2013 サーバーを運用管理する上での備忘録を兼ねて。

ログ

Office Web Apps 2013 に関するログは、既定では次の場所に作成されます。エラーが発生した場合などの、トラブルシューティングの際にはまずここを確認しましょう。

  • %PROGRAMDATA%\Microsoft\OfficeWebApps\Data\Logs\ULS

使用するアカウント

なお、Office Web Apps は SharePoint のシステムアカウントでは動作しないため、動作確認する際には必ずユーザーアカウントを使用しなくてはいけません。これは仕様ですので、覚えておきましょう。

プロトコル : WOPI

Office Web Apps 2013 では WOPI (Web Application Open Platform Interface ) プロトコルを使っています。そのため、SharePoint Server 2013 および Office Web Apps 2013 サーバーのログを確認する際には、アクセスしたコンテンツのURLとともに "WOPI" というキーワードに注目しましょう。

このプロトコルの仕様書は次の場所からダウンロードできます([MS-WOPI].pdf)。

開発

Office Web Apps Server 2013 はWOPI プロトコルをサポートする製品と連携できるようになっており、カスタム ソリューションの開発も可能です。

この点に関しては、英語ですが Wictor Wilen という方がブログにカスタム WOPI クライアント アプリケーション開発の記事を連載していらっしゃるので、ご興味のある方はご覧になってみてはいかがでしょうか。

コメント

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前とメールアドレスは必須です。メールアドレスは公開されません。)