[SharePoint 2013] 機械翻訳サービスの概要
SharePoint Web アプリケーションの認証モードの確認

[SharePoint 2013] Office Web Apps 2013 と 機械翻訳サービス

※SharePoint Server 2013 プレビューを使用

Office Web Apps 2013 では機械翻訳サービスとの連携もできるようになっています。

利用方法

翻訳サービスがサポートしているのは、この場合は Word ファイルのみです。

まず、Word ファイルを Web ブラウザー上で表示し、[ファイル]メニューをクリックします。

WAC-MachineTranslation02
機械翻訳サービスが利用できる状態だと [情報] タブに機械翻訳メニューが表示されます。これをクリックします。

WAC-MachineTranslation03
次に翻訳したい言語の選択画面が表示されます。ここでは英語を日本語に翻訳したいので、[日本語]を選択します。

WAC-MachineTranslation04

すぐに機械翻訳が実行され、結果がブラウザー上に表示されます。

  WAC-MachineTranslation05

構成

この機能は既定では有効になっていないため、Office Web Apps をホストするサーバー上で Windows PowerShell を使って構成する必要があります。コマンドは次の通りです。

Set-OfficeWebApps -TranslationEnabled

上記のコマンドを実行することで、次の図のように TranslationEnabled の値が True になってることを確認します。

WAC-MachineTranslation01

以上で設定は完了です。

ちなみに、SharePoint サーバー全体管理サイトも SharePoint サイトではあるのでファイル共有などできますが、既定では クラシック認証モードとなっているため Office Web Apps の利用はできません。

コメント

この記事へのコメントは終了しました。