SharePoint 2013 各エディションの機能比較
[Event] SharePoint User カンファレンス Japan 2013 開催!

[SP2013] Workflow Manager 1.0 のインストール

SharePoint Server 2013 では 新たにSharePoint 2013 Workflow エンジンが導入され、ループ処理などができるようになっています。このエンジンは Windows Azure ベースのエンジンですが、オンプレミス環境にインストールできます。ちなみに、SharePoint Foundation 2013 では SharePoint 2013 Workflow は利用できません(サポートされない)。

SharePoint Server 2013 は SharePoint Server 2010 の機能を内包しているため、サーバー構成後は従来通り SharePoint 2010 と同じワークフローを SharePoint Designer 2013 で構築できます。しかし、新たに SharePoint 2013 ベースのワークフローを作ろうと思うと、別途 Workflow Manager 1.0 というサーバーを構築しなくてはいけません。

Workflow Manager 1.0 は次の URL からダウンロードできます。TechNet の日本語サイトからダウンロードするとベータ版へのリンクとなっていたりするので注意しましょう。

http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=35375

このサーバーは、Windows Server 2008 R2 SP1 または Windows Server 2012 上に構成できます。最小ハードウェア要件は RAM : 2GB, プロセッサー : 2.0 GHz のデュアルコア、最小空き領域 : 1GB となっています。SharePoint Server 2013 と同一のマシンにインストールすることも、別のマシンにインストールすることも可能です。

Workflow Manager 1.0 インストール手順

※インターネットに接続できる環境で実行するのがおすすめです。

  1. ダウンロードした WorkflowManager.exe をダブルクリックします。するとWeb Platform Installer 4.0 が起動します。
  2. [インストール]ボタンをクリックします。
    2013-02-03 22-07-20
  3. 前提条件を確認し、[同意する]ボタンをクリックします。
    2013-02-03 22-51-43
  4. インストールが開始されます。
    2013-02-03 22-52-49
  5. インストールが完了したら、[続行]ボタンをクリックします。
    2013-02-03 22-55-36
  6. Workfow Manager 構成ウィザードが起動します。[既定の設定を使用して Workflow Manager を構成する (推奨)] をクリックします。

    2013-02-03 22-57-21

  7. 新しいファームを構成するために必要な情報を入力し、→ボタンをクリックします。

    設定例) SQL Server インスタンス : SP2013-SQL01、サービスアカウントのユーザー名 : administrator@CONTOSO、証明書生成キー : <任意のパスワード>

    ※ HTTP による Workflow 管理を許可したい場合は、「このコンピュータのHTTPによる Workflow 管理を許可する」チェックボックスをオンにします。既定はHTTPS接続です。

    2013-02-03 23-00-52

  8. 構成を確認したら、✔ボタンをクリックします。
    2013-02-03 23-01-42

  9. 構成が開始されます。
    2013-02-03 23-02-55

  10. 構成が完了したら、✔ボタンをクリックします。
    2013-02-03 23-14-39

  11. 「次の製品が正常にインストールされました。」と表示されたら、[完了]ボタンをクリックします。
    2013-02-03 22-56-50

  12. Web Platform Installer 4.0 の画面が表示されたら[終了]ボタンをクリックします。
    2013-02-03 23-15-56

 以上で Workflow Manager 1.0 のインストールは完了です。

SharePointサーバー側の構成

続いて SharePoint サーバー側で SharePoint 管理シェルを使って追加構成します。

SharePoint Server 2013 サーバーマシンに Workflfow Manager 1.0 をインストールしている場合は、次のコマンドを実行します(SharePoint サーバー名が SP2013-a、ドメイン名は Contoso.com の例です)。

>Register-SPWorkflowService -SPSite "https://sp2013-a.contoso.com/" -WorkflowHostUri "https://sp2013-a.contoso.com:12290"

ほかにも Web フロントエンドサーバーがある場合は、各サーバーに Wofkflow Manager Client をインストールします。

Workflow Manager Client のダウンロード

上記の例は SharePoint Server 2013 上に Workflow Manager 1.0 がインストールされている例でしたが、その他の構成については次のリンクを参照してください。

Installing and configuring workflow for SharePoint Server 2013

コメント

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前とメールアドレスは必須です。メールアドレスは公開されません。)