[SP2013] Workflow Manager - Windows Server 2012 R2 へのセットアップ
Skype for Business と Lync

[O365] Office 365 Video

2014/11/18 に Office 365 Video が発表されました。ビデオ配信をしたい、というニーズはよく耳にしますが、現在の SharePoint 環境のメディアライブラリでは、ファイル管理、容量、帯域管理など課題が多いため、本格的なビデオ配信ができないのが現状です。そのため、個人的に注目している機能でして、今回特に記事にしてみました。

Office 365 Video は、Office 365 上の SharePoint サイトをビデオ ポータルとして活用できる機能です。

 

ビデオ ポータルでは動画をドラッグアンドドロップするだけで、コンテンツが公開できます。閲覧回数などもコンテンツごとに表示されます。

サポートされているビデオ形式は次のURLに公開されています。

公開したビデオコンテンツは検索も可能であり、Office Delve にも対応します。また、Yammer上でも共有が可能です。モバイルデバイスにも対応しているそうですが、詳細は現時点では不明です。

この機能が利用できるのは Office 365 Enterprise E1 と E3 のユーザーです。まずは Office 365 First Release カスタマーに提供が開始されたあと、2015年初頭にはワールドワイドで当該プランを利用しているユーザーが利用できるようになるようです (価格とサービス)。Office Delve と同時期ですね。

上記動画でも説明されていますが、コンテンツのストレージとメタデータは SharePoint Online 上で管理し、トランスコーディングやサムネイル作成は Azure Media Services を使用しているそうです。ただし、Azure Media Services 利用に関して追加コストは発生しません。ちなみに、現在の SharePoint のメディアライブラリは単純にファイルをアップロードし、そのまま再生するものですが、Office 365 Video はデータが変換されて公開されるため、ユーザーが単純にファイルをダウンロードしたりできるようにはなっていません。セキュアな管理がなされています。

このビデオ ポータルは1つのサイトとして作成しコンテンツを管理しますが、通常の SharePoint サイトとは管理の概念が異なります。ビデオおよびチャンネル設定できる管理者と単に閲覧するユーザーとにのみ分かれます。機能を確認した限り、動画単位でのアクセス権限は付けられないので、基本的にはサイト単位で公開先をコントロールするということになります(2015/2/17訂正 テナントごとに1つのみ作成できるようになっており、公開範囲はテナント単位です)。とはいえ、一般的には全社向けのビデオ ポータルとして利用するシーンが多いと思いますし、管理はシンプルであるに越したことはありませんので、個人的にはあまりネガティブな印象はもっていません。

※ちなみに、Office 365 Video はテナントごとに機能のオン、オフができます。

コメント

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前とメールアドレスは必須です。メールアドレスは公開されません。)