[SP2013] SharePoint Designer 2013 ワークフローの発行時エラーへの対処法
[O365] Office 365 Video

[SP2013] Workflow Manager - Windows Server 2012 R2 へのセットアップ

オンプレミスの SharePoint Server 2013 上では SharePoint Designer 2013 を使ってワークフローを構築できますが SharePoint 2013 用のワークフローを作成するには、Workflow Manager をセットアップする必要があります。

以前に関連記事を書いていますが補足として新たに Windows Server 2012 R2 上へのセットアップ方法などをまとめておきます。

Windows Server 2012 R2 上へセットアップするには Workfow Manager 1.0 CU 2 が必要です。

最新の更新プログラムなどは、Microsoft Web Platform Installer からインストール可能です。

今回の構成

今回のサーバー構成の概要は次の通りです。前回の記事とは異なる状態での検証として、SharePoint Server 2013 とは異なる専用サーバーに Workflow Manager をインストールします。ただし、Workflow Manager は以前の記事にも書いた通り、SharePoint Server 上にインストールすることもできます。

WorkflowTopology

Workflow Manager をインストールするサーバーの名前は WorkflowSrv.contoso.com であり、事前にWorkflow Manager で使用するデータベースを格納するために SQL Server 2012 も同一サーバーにインストールしています。OSは Windows Server 2012 R2 です。

セットアップ手順

以下の手順は WorkflowSrv 上で実行します。

  1. Webブラウザーを使って、Microsoft Web Platform Installer 5.0 のダウンロードサイト (http://www.microsoft.com/web/downloads/platform.aspx) にアクセスし、[Free Download] ボタンをクリックします。
    2014-11-13 23-32-46
  2. Wpilauncher.exe をダウンロードし、実行します。
  3. Workflow Manager 1.0 Refresh, Service Bus 1.0, Service Bus 1.0 Cumulative Update 1 を追加し、インストールします(Workflow Client 1.0 Reflesh は Workflow Manager 1.0 Reflesh に含まれています。また Workflow Manager 1.0 Refresh には CU 2 が含まれています)。
    2014-11-13 18-23-042014-11-13 18-24-18

  4. [同意する]をクリックします。
    2014-11-13 18-27-42
  5. IIS を含め、インストールが開始されます。
    2014-11-13 18-28-14

  6. [続行]ボタンをクリックします。
    2014-11-13 18-29-41
  7. [既定の設定を使用して Workflow Manager を構成する (推奨)] を選択します。
    2014-11-13 18-32-26
  8. SQL Server インスタンス名を確認します。接続のテスト ボタンをクリックし、接続が成功することを確認します。
    2014-11-13 18-32-49

  9. サービス アカウントとパスワードを指定します。今回は HTTP による管理を許可するよう構成しています。
    2014-11-13 18-33-21
  10. 最後に証明書生成キーを指定します。
    2014-11-13 18-33-51
  11. 内容を確認し、下記のボタンをクリックします。
    2014-11-13 18-34-16
  12. 構成が進行します。
    2014-11-13 18-34-47
  13. 構成が完了したら、レ ボタンをクリックします。
    2014-11-13 18-37-18
  14. Web Platform Installer 5.0 で [完了]ボタンをクリックします。
    2014-11-13 18-30-29

以上、Workflow Manager のインストールは完了です。

後は、SharePoint サーバー側から Windows PowerShell を使って、Workflow Manager とのペアリング コマンドレットである Register-SPWorkflowService を実行します。しかし、このまま実行すると次のようなエラーが表示されるはずです。

2014-11-13 18-45-54

Workflow Manager 側は既定の設定では、自己証明書を生成してWebサイトに適用してしまうためです。検証環境には Domain Controller 上に Windows ベースの CA (エンタープライズCA) を構築しているため、次のような手順でWebサーバー証明書を改めて取得し、サイトに適用します。

WofkflowSrv 上で IIS管理マネージャーを起動して次の手順を実行します。

  1. サーバー証明書 をクリックします。
    2014-11-13 18-42-03
  2. [ドメイン証明書の作成]をクリックします。
    2014-11-13 18-43-29

  3. 一般名をはじめ、必要な情報を入力します。[次へ]をクリックします。
    2014-11-13 18-44-18

  4. オンライン証明機関の指定で [選択...] をクリックします。
    2014-11-13 18-44-28
  5. 証明機関を選択し、[OK]をクリックします。
    2014-11-13 18-44-37
  6. フレンドリ名を指定し、[終了]をクリックします。
    2014-11-13 18-44-54
  7. 下図のように証明書が取得できたところを確認します。
    2014-11-13 18-45-08
  8. Wofkflow Management Site を右クリックし、[バインドの編集...] をクリックします。
    2014-11-13 18-45-39
  9. https エントリーを選択し[編集]をクリックします。
    2014-11-13 18-46-05
  10. SSL 証明書を新たに取得したもの (下図では SharePointWorkflow) を選択し、適用します。
    2014-11-13 18-46-23

以上、WorkflowSrv 側の設定は管理用です。

あとは、SharePoint Server 側で次のコマンドを実行し、ペアリングを行います。


Register-SPWorkflowService -SPSite 'https://sp2013-b.contoso.com/' -WorkflowHostUri 'https://workflowsrv.contoso.com:12290' -AllowOAuthHttp

 

 

Course-Banner-Workflow

コメント

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前とメールアドレスは必須です。メールアドレスは公開されません。)