SharePoint Server 2016 IT Preview 登場!
SharePoint Server 2016 Preview のインストール (2)

SharePoint Server 2016 Preview のインストール (1)

SharePoint Server 2016 Preview の検証環境を作成するための手順が下記の通り公開されています。

この手順に沿いながら、検証環境を構築した際の手順を記載していきます。基本的に SharePoint 2013 と変わらないのですが、若干の違いはあるため、以前のバージョンとの違いに違い部分はコメントを追加しています。

環境情報

私の手元では、Windows Server 2012 R2 ベースの Hyper-V 環境に構築します。SharePointの構築をする事前構成は次の通りです。

  • Active Directory ドメインを構築ずみ。ドメイン名: contoso.com
  • ドメインコントローラー(DC) は独立したサーバー(ちなみに、DCには証明機関ロールを追加しており、エンタープライズ証明機関として動作するように設定済み)
  • SharePoint が利用するデータベース管理システムとして、SQL Server 2014 を別途構築(TCP接続の有効化とFirewallは SharePoint サーバーから接続できるよう構成済み)
  • SharePoint Server 2016 をインストールするサーバーは Windows Server 2012 R2 を使用。ドメインに参加させておく。

事前準備ウィザード

SharePoint Server 2016 のセットアップに事前に必要なモジュールのインストールやセットアップを行うためのウィザードをインターネット接続をした状態で実行します。

  1. Splashをクリックし、スプラッシュ画面起動する
    2015-08-25 22-04-29
  2. 「Install software prerequisites」をクリックする。
    2015-08-25 22-04-45
  3. [次へ]をクリックする。
    2015-08-25 22-05-00
  4. 「I accept the terms of the License Agreement(s) 」をチェックし、[次へ]をクリックする。
    2015-08-25 22-05-24
  5. インストールが始まる。
    2015-08-25 22-05-38
  6. [完了]をクリックするとシステムが再起動される。
    2015-08-25 22-19-38
  7. システム再起動後はログオンすると、自動的にプロセスが継続実行される。
    2015-08-25 22-21-10
  8. Installation Complete と表示されたら、[完了]をクリックする。
    2015-08-25 22-23-02

以上で、事前準備は完了です。ここから先はインターネット接続はなくても構いません。

SharePoint Server のセットアップ

続いて SharePoint のセットアップを行います。

  1. 再び、Splashをクリックし、スプラッシュ画面を起動する
  2. 「Install SharePoint Server」をクリックする。
    2015-08-25 22-53-53

  3. プロダクトキーとして評価用に提供されている  NQTMW-K63MQ-39G6H-B2CH9-FRDWJ を入力する。
    2015-08-25 23-23-00
  4. 「I accept the terms of this agreement」チェックボックスをオンにし、[Continue]をクリックする。
    2015-08-25 23-23-12
  5. インストール先のディレクトリを確認し、必要に応じて変更する。[Install Now] をクリックする。ちなみに、以前のバージョンまでは、ここで[完全]または[スタンドアローン]の選択画面が表示されていたが、SharePoint Server 2016 ではスタンドアロン インスト―ルはサポートされなくなったため、単純にディレクトリの指定のみとなった。
    2015-08-25 23-23-26
  6. インストールが開始される。
    2015-08-25 23-23-39
  7. インストールが終わると次は[製品構成ウィザード]の実行が必要となるが、言語パックをこのタイミングで適用しておきたいので、一旦ウィザードは終了させるため、[Run the SharePoint Products Configuration Wizard now.]チェックボックスをオフにし、[Close]をクリックする。
    2015-08-26 0-21-50
  8. Exit をクリックする。
    2015-08-26 0-22-11

言語パックのインストール

ダウンロードしておいた日本語言語パックをインストールします。

  1. 日本語言語パックのインストーラー内にある setup.exe を実行する。
    2015-08-26 0-23-49
  2. [「マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項」に同意します]チェックボックスをオンにし、[続行]をクリックする。
    2015-08-26 0-24-02

  3. インストールが開始される。
    2015-08-26 0-24-12

  4. インストールが完了する。続いて製品構成ウィザードを実行するために、「SharePoint 製品構成ウィザードを今すぐ実行する」チェックボックスをオンにしたまま[閉じる]をクリックする。
    2015-08-26 0-24-25

製品構成ウィザードの実行

製品構成ウィザードを実行することで、SharePoint 管理サイトなどが構築されます。

  1. 先ほどの手順の続き。Welcome to SharePoint Products が表示されたら、[Next>]をクリックする。
    2015-08-26 0-24-58

  2. 警告が表示されたら、[はい]をクリックする。
    2015-08-26 0-25-08
  3. [Create a new server farm] を選択し、[Next>]をクリックする。
    2015-08-26 0-25-22

  4. 事前準備したSQL Server のサーバーインスタンスを指定する。構成データベース名は既存の SharePoint_Config のままとする。ファームアカウントは事前に Active Dirctory上に準備している contoso\spfarm というアカウントを使用する。[Next>]をクリックする。
    2015-08-26 0-26-05
  5. パスフレーズとして任意の文字列を指定する 例)Password! など。 パスフレーズは2台目以降のSharePoint Server を追加するときに必要となる合言葉のようなものなので、2台目以降をインストールする予定があれば、覚えておく必要がある。
    2015-08-26 2-35-51
  6. サーバーロールを指定する。ここでは Single-Server Farm を選択する。※サーバーロール指定は、SharePoint 2016 の新機能であり、MinRole と呼ばれる。SharePoint 2013 などでは、サーバーロールは基盤管理者が数あるサービスから選択して、特定のサーバー上で実行する必要があり、環境によってまちまちだった。新たに導入される MinRole では、ロールを指定することで、必要なサービスが自動的に用意されるようになっている。従来通り、任意に開始するサービスを選びたい場合は、Custom を選べばよい。[Next>]をクリックする。
    2015-08-26 2-36-25

  7. サーバー全体管理サイト用のポート番号として、提示される番号を受け入れるか、任意に指定する。また認証プロトコルを指定する。[Next>]をクリックする。
    2015-08-26 2-37-11
  8. 設定内容を確認したら[Next>]をクリックする。
    2015-08-26 2-37-23
  9. 構成が開始される。
    2015-08-26 2-37-34
  10. Configuration Successful が表示されたら、構成は完了である。[Finish]をクリックする。
    2015-08-26 11-29-30
  11. サーバー全体管理サイトが表示される。
    2015-08-26 11-31-12

サーバー全体管理サイトの表示変更

日本語表示に切り替えます。この手順は SharePoint 2013 と変わらないため、詳細が分からない方は拙書などを参考にしてください。

  1. 歯車アイコンをクリックし、[Site settings]をクリックする。
    2015-08-26 11-31-21
  2. Site Administrationセクションにある Language settings をクリックする。
    2015-08-26 11-31-36
  3. Alternate Language として、Japanese を選択し、必要に応じて Overwrite Translation を Yes にする。[OK]をクリックする。
    2015-08-26 11-31-50
  4. 日本語で表示される。
    2015-08-26 11-32-01

ここまでで基本設定は完了です。

コメント

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前とメールアドレスは必須です。メールアドレスは公開されません。)