[SharePoint Online] 列の書式を使って Flow を起動する
[SharePoint Online] モダンUI のサイトのサイドリンクバー編集

[PowerApps] アプリを再発行しよう!

 2018年7月18日付けの PowerApps ブログ記事では "アプリの再発行" を推奨することで、パフォーマンスの改善と追加機能が利用できるようになるとのこと。

Republish your apps to get performance improvements and additional features

With the PowerApps platform, you can build great apps and deploy them to your end users, but sometimes you make an app and don't update it for many months. When you open the app in the studio, it reflects all the performance improvements that the PowerApps team made in the past since the last time you opened the app in the studio.

アプリの再発行の必要性 

以前のブログ記事でも紹介した通り、開発環境が Web ベースに一本化されていらい、Webブラウザー上でのアプリ開発は非常にスムーズになりました。初期の PowerApps は開発時のレスポンスが非常に遅く、お世辞にも「サクサク」アプリが開発できるとは言えませんでしたが、現在は推奨スペックの PC 上であれば、Edge や Chrome を使うことでストレスなくアプリ開発ができるようになってきました。

特に今年に入って加速度的に新機能や機能改善が行われてきています。新機能としては、たとえば、まだ試験段階ではありますがリッチテキストエディタコントロールが利用できるようになりました。こうした背景から、一度作成したアプリも定期的に見直しをすることで、「今までは別の方法をとっていたけど、もっとスマートな方法が利用できるじゃないか! 」とか、「今まで欲しかった関数が、ようやく使えるようになっているぞ」といった発見もあるはずです。

そもそも PowerApps の資料を見ていると次のような文言が書かれています。

作成したアプリが警告なしで動作を停止した場合、過去 6 か月以内に更新または再発行をしていないことが原因である可能性があります。 この問題を解決するには、アプリを更新または再発行して PowerApps の最新バージョンと同期します。その後は、最後に公開してから 6 か月以内にアプリを更新または再発行することを継続して行うようにします。

少なくとも6か月おきには再発行を行った方がよさそうです。

ちなみにアプリは発行時の PowerApps のバージョンで固定されます。つまり勝手に最新バージョンに上がることはないということ。これが再発行することでアプリも最新バージョンに自動更新され、バグ修正やパフォーマンス改善なども反映されるようになっています。上記記事によると、例えば SharePoint サイトに埋め込んでいる PowerApps アプリも以前は 1秒以下で実行できるものが全体の40% 程度だったものが、再発行することで 80% 程度まで向上しているようです。

またPowerAppsアプリは自動的にバージョン管理されているため、以前のバージョンの状態に容易に戻せます。

ということで現在のところ、定期的な再発行を保守・運用に組み入れていく必要がありますが、将来的には自動再発行機能も利用できるようになるようです。

 

 

コメント

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前とメールアドレスは必須です。メールアドレスは公開されません。)