[PowerApps] アプリを再発行しよう!
Azure Functions の学習のための参考資料

[SharePoint Online] モダンUI のサイトのサイドリンクバー編集

モダンUIになっているサイトのサイドリンクバーは[編集]をクリックすれば、素早くナビゲーションが編集できます。音声はありませんが、基本操作を動画にしてみました。ちなみに、このサイトは Office 365 グループに接続されている SharePoint サイトであるため URL 以外にも会話や Microsoft Planner, 予定表などのリンクも生成できるようになっています。

SharePoint Server 発行インフラストラクチャーがアクティブ化されている場合

上記のサイトはサイトコレクションのフィーチャー(拡張機能)の一つである「SharePoint Server 発行インフラストラクチャー」機能がアクティブ化されていない場合の例です。モダンUIでは、この機能がサポートされません。SharePoint Onlineでは新しいページ発行の仕組みに置き換えているところであり、この仕組みはもやは古びれてしまっている。そもそも、この古い仕組みの元となっている機能は Content Management Server 2002 当たりから引き継がれているものです。さすがにアーキテクチャーが約20年前となってきており、モダンUIでは互換性は重視していないということです。家で例えるならもう住み替え時なのです。

しかし、私が利用してきたサイトコレクションもこの機能をアクティブ化することを前提にしてきているため、非アクティブ化することでどういった問題が発生するか影響を確認する時間も十分にとれない。。。。となれば、この設定はアクティブなまま、たとえサポートされなくても、一部の画面はモダンUIにしていこう。サイトコンテンツを新しいサイトに移行するのも簡単ではないし。ということで、既存サイトの一部の設定をモダンUIになるように構成しなおしながら、利用するというジレンマが生まれます。

すると、ナビゲーション設定はどうなるでしょぅ? 本来モダンUIになっているサイトではサイドリンクバーは手軽に編集できますが、既存サイトに関してはナビゲーション部分は従来通り設定する必要があります。つまりあまり直感的には操作できません。サイドリンクバーを[編集]メニューから編集しようとすると、「ナビゲーションの設定」ページに遷移します。この画面で「構造ナビゲーション」を変更します。

2018-07-23_6-12-15

しかし、上記の動画と同じように "サブリンク" を作成できるものの階層としては見出しとその直下のみで、2段階までしか設定できません。これより階層を深くしようとすると管理ナビゲーションが必要になりますが、途端に設定するためのハードルが上がります。ちなみにモダンUIでは「最近使った項目」は非表示になりました。

ですが、モダンUIにはまだない良い点としては「対象ユーザー」が指定できるところでしょう。特定のグループメンバーにしかリンクを表示しないという設定はモダンUIでのナビゲーション編集にはない機能です。

ということで、既存サイトをモダンUI化することはできるにはできますが、最初からモダンUIになっているサイトと比較すると操作性や機能性に差があり、どちらにも一長一短があります。

コメント

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前とメールアドレスは必須です。メールアドレスは公開されません。)