SharePoint Framework で作成したWebパーツを Teams タブとして利用する
[SharePoint Online] モダンサイトのカスタムテーマ

[SharePoint Online] サイトページのセクション レイアウトの例

モダンサイトでサイトページを作成するとき最近気に入っているレイアウトの使い方をご紹介します。

セクションのレイアウト

今のところ私が気に入ってよく使うのが、3分の1が左の列というレイアウト構成です。このレイアウトにして左側には章ごとの見出しのみ書いておきます。右側に本文というパターンですね。詳しくは下記のビデオで確認してみてください。音声はありません。

この構成のセクションを繰り返していき、メリハリが足りないときにはセクションの背景に色を指定します。この構成だと見やすく、しかも画面サイズを小さくしても、見出しが担保されます。使いやすい構成だと思うのでお勧めです。

画像などについて

ところで、画像Webパーツの取り扱いについて少し補足を。このWebパーツの扱いが最初慣れないのではないかと思います。このWebパーツは配置すると、その列の幅いっぱいに表示されます。クラシックサイトの利用経験がある方は特にサイズを指定したくなるところでしょうが、レスポンシブ Webデザイン対応を考えると下手にサイズ指定はしない方がよい。もちろん、将来的にはもしかしたら細かいサイズ指定などができるようになるかもしれませんが、今の SharePoint サイトはとにかくエンドユーザーでも手軽に使えるように変わってきています。従来のサイトのように、あまり細かい設定があると、結局ユーザーが覚えきれないというところもありました。そういう意味ではユーザーフレンドリーだとも言えます。

ということで、まずはレイアウトの仕方で工夫するのが得策です。

コメント

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前とメールアドレスは必須です。メールアドレスは公開されません。)