Microsoft Ignite 2019 Orlando - Episode 1
Microsoft Ignite 2019 Orlando - Epsode 3

Microsoft Ignite 2019 Orlando - Episode 2

昨日に続き、Episode 2 です。

これを書いている今日はオーランド最終日で、現在 6時半。もうすぐ日の出を迎えます。

さて、SharePoint に関する情報を追加しておきます。

ちなみに、クラウドのデータ量が 5年でこんなに増大してます。管理方法などいろいろと考え方を変える時期に来ているのは明らかですね。

リスト

嬉しい機能アップデートがてんこ盛りです。

リストフォームの列の順番の入れ替えが簡単になるほか、表示非表示のための簡単な条件式も書けるようになるので、ちょっとしたものなら PowerApps なんかなくてもちょこちょこっとユーザーが操作できるようになります。Excel の延長って感じですから、これくらいのことなら IT とかヘルプデスクに依頼しなくても自分で対応できるでしょう 。

JSON を書かなくても行単位での色分けや列の書式もリッチな見た目にできるなど、Excel の条件付き書式っぽい機能が盛沢山。

それからスクリーンショットもない地味な変更点ですが、リストのビューで列の入れ替え時にビューを自動保存してくれます。多くの方が、私を含め、ついうっかり保存し忘れていると思うので 朗報です。

複数行テキスト列はクラシックな編集画面のままでしたが、ようやくモダンに!

クラックサイトではWebパーツ間接続っていうのをよくやっていました。よくあるのがリストとライブラリとで同一の値を持つ列を追加しておいて、Webパーツをそれぞれ追加しておき互いに接続します。接続するのはフィルターのため。リストのアイテムを選択すると、そのアイテムの値に基づき同じ値を持つファイルだけが絞り込まれる。これをモダンサイトでもできるようなります。ダイナミックフィルターと呼ぶようです。

サイトページに追加したリストとやライブラリのWebパーツからメタデータの編集もできちゃいます。

 

メタデータ

コンテンツタイプをハブサイト内のライブラリに適用できるようになります。またコンテンツタイプをテナント全体で使えるようにするコンテンツ タイプハブっていうのがあるのですが、ちょっと下火かなぁと思っていましたがそうではないようです。

管理メタデータの管理も強化されます。

ポータル

ハブサイトを使い始めている組織も増えてきていると思います。その参考情報も。

新たにニュース Webパーツのソースでハブを指定したり、ナビゲーションでもハブを指定できるなど、ハブを使うとサイトの設定が一括化できるのでこれは便利そうです。

またハブの利用状況の分析もできるようになるんですね。これもサイトの利用状況と同じく、ハブ全体をみたいというのは、よくご質問いただいていたところです。朗報。

ところでこのハブサイト。ハブサイト同士を接続できるようになるようですね。ハブ同士を入れ子というか階層化できるのかという質問はよくいただくんですが、できないと答えていたのに。お客さんのハブサイトの設計をする際に、説明していても皆さん大抵がリンクの関係がこんがらがってきます。その都度、整理して説明しているのですが、これが階層化できちゃということ。うまーく設計しないと、さらに、こんがらがるでしょうね。

ナビゲーション部分の対象ユーザー機能も利用できるようになるとはアナウンスされていましたが、こんな画面になるようです。フッターにも対応。セキュリティグループを指定できる。

IMG_4255

サイトスクリプトとデザインも改良を重ねてきていますね。ハブのナビゲーションも編集できるようになるし、ヘッダーなどのレイアウトも変更できる。何よりフォルダーやファイルが追加できるようになっているというのも素敵です。

スクリプトは JSON 形式で用意しますが、Get-SPOSiteScriptFromWeb を使うことで既存のサイトのリストやライブラリからスクリプトを生成できます。

SharePoint PnP PowerShell などで提供されているサイトのプロビジョニング機能に比べると、サイトスクリプトなら抽出が楽だし、適用するのに PowerShell を毎度使わなくていいというのが魅力。

ファイル

さっき使ったファイルをすぐに見つけたい! よく使うからすぐにアクセスできるようにしたい! といった要求にこたえるのが、あちこちに追加される Recommendation 機能。

OneDrive に関しては Nestle さんの事例が公開されていますね。World Wide で 約30万ユーザーですって。

外部共有に関して。

検索

SharePoint の検索機能は Microsoft Search へと拡大されます。

検索機能はカスタマイズが来年の焦点。まず検索系のWebパーツが増えます!

検索結果のカスタマイズはやったことがあるかたはご存知ですが、JavaScript を書く必要があったため難易度がとても高く、研修でも演習でカスタマイズをやってましたが、皆さんぐったりするのがほとんどです。がしかし! GUIベースでカスタマイズできるようになります。これは画期的! (まぁ、不便さにならされてきたので、こういうところで感動してしまう悲しさもちょっぴり感じます)。

サイトの検索結果のカスタムページは単純にサイトページで作成し、PowerShellで適用します。

今後のロードマップ。

Microsoft Search に関する詳細。

検索Webパーツを SharePoint Framework を用いて作成することも可能ですが、下記に Modern Search Web Parts (Reactベース) が公開されています。

Microsoft Steam

トランスクリプトとキャプションが日本語対応します。

Stream Webパーツから再生する際、AI がバックグラウンドのノイズを除去してくれるノイズキャンセリング機能が搭載されます。

PowerApps 上でもようやく Stream のビデオが再生できるようになります。教育コンテンツが作りやすくなりそう。

ロードマップは下記の通り。

管理

SharePoint 管理センターの機能もアップデート。複数のサイトを選択して、一括してハブに関連付けたり、各サイトの所有者だけでなくメンバーも確認・編集したりできます。

これは SharePoint に限られないのですが、Office 365 全体の管理者のロールに Global Reader というのが追加されます。全体の設定が確認できるけど、操作はできないというユーザーです。

----

なお、SharePoint や OneDrive の関連セッションの一覧は下記に公開されています。

Ignite 2019 guide to SharePoint, OneDrive, Yammer, Stream and related technology sessions

"Prepare the umbrella before it rains." - Malay Proverb Let technology rain. With less than two weeks until Microsoft Ignite 2019, the SharePoint, OneDrive, Yammer and Stream speakers are firing on all cylinders to finalize their sessions for this year's conference. And while the Ignite session ca...

さて、OneDrive , PowerApps, Microsoft Automate, Teams などまだネタがあるのですが、続きはまた帰国後、かな。

コメント

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前とメールアドレスは必須です。メールアドレスは公開されません。)