AvePoint 社との合同オンラインセミナー開催 (2020/5/29)
無償セミナー「合わせ技で 3 倍便利に使いこなす! Microsoft Teams & SharePoint」ご参加ありがとうございました

Microsoft 365 Virtual Marathon 無事に終了しました🏃🏃🏃‍♀️

2020/5/27-28 (日本時間 5/28 深夜~ 5/29 昼) まで36時間実施されたMicrosoft 365 Virtual Marathon ですが全日程を無事に終了しました。

結果、10,000 名以上の方にご登録いただきました。7か国語で 300名以上のスピーカーが 400 セッション以上に登壇するという Microsoft のコミュニティイベントとしては過去最大級だったのではないでしょうか?

ご視聴いただいた皆様、ありがとうございました!

MS365virtual_600x600

イベントの最初はこれだけの規模の Live Events を初めて実施するということで、視聴がスムーズにいかないところもあったかと思いますが、Microsoft のサポートチームの応援もあり、その後はおおむね順調にすすんでいったようです。特に日本語トラックに関しては問題なく進められました。

セッションの録画は後日 下記のリンク先にあるYouTube にアップロードされる予定です。ただ、公開するかどうかの判断はスピーカ次第となるため一部公開されないケースもあるのでその点はご了承下さい。

https://bit.ly/M365VMYoutube

公開されるとスケジュールにリンクが表示されるようになります。

幸い、日本語トラックに関しては今のところすべて公開の予定です。

日本語トラックの資料

日本語トラックの資料はスピーカーがそれぞれに SlideShare等に公開しているものを太田さんが下記ページにまとめてくださっていますので、ご利用ください。

イベントの資料

謝辞

今回このイベントに本当に多くの方々が関わっていますが、全員の方が無償のボランティアです。

未曽有の COVID-19 を世界中が経験している中、Workstyle や生活様式などが大きく様変わりしていこうとしているなど、大きな時代の転換期にいるのだと思います。

そんななかで、「誰かの役に立ちたい」「人とのつながりを大切にしたい」といった多くの方々の想いを受けて開催されたイベントです。

このイベントに日本からの参加を呼び掛けてくださったのが Microsoft MVP でもある Joel Olesonさんです。Joel さんのお誘いがなければ、日本語トラックの実施はなかったのではないかと思います。そして、イベントの全体として300 名以上のスピーカーと 400 セッション以上のマネージメントされていた一人が同じく Microsoft MVP である Ryan Schouten さんであり、様々な配慮や調整を行ってくださいました。また多い時間帯には1つのテナントで 20近くのLive Eventsを実施したのですが、この全体的な対応をしてくださっていたのが Galen Keene(@sdkeen) さんです。日本は朝10時から21時までの9時間でしたが、それでも非常に大変だったのに、これが36時間!! 驚異的です(How amazing!)。

そのほかにもスピーカーや各言語のリードの方々が世界中から協力してなし得えた、本当に素晴らしいイベントでした。そして多くのスポンサー企業の方々にも感謝です。

さて、イベントの冒頭で少し私も顔を出させていただいたので、ここでもちらっとだけ、記録として掲載しておきます(解説などは説明は特になし、です)。

EZCP5teU8AYFM8w
[Virtual Marathon のオープニング部分で各言語のトラック リード/キャプテンを紹介]

EZCP5teU8AYFM8w

[リードからの各言語でのあいさつ]

日本語トラック チーム

5月頭にご連絡して、急遽、忙しい合間を縫って日本語トラックのスピーカーチームは結成されました! 

当日まで、日本語トラックチームは素晴らしい連携を見せていただきました。全員にこの場を借りてお礼を申し上げます。素晴らしいコンテンツと、ファシリテートで、皆さんの協力なしには首尾よく進めることはできませんでした!

日本語トラックチーム、総勢 14名の皆さんは次の通りです!!(順不同、敬称略)。

  • 溝端 二三雄…私の前職のイルミネート時代の上司?(社長)! 事前の Speaker だけのリハの準備、長時間のProducer 対応をありがとうございました! トップランナーだったのですが、先頭を切っていただいたので、安心して後続セッションに続けました。担当セッションもTeamsでも Business よりの充実した内容で流石でした!!
  • 太田 浩史… Connpasページの準備や長時間の Producer 対応など、細やかな支援をありがとうございました。Speaker としても安定の素晴らしい内容のセッションでした! 参加者も今回の全セッションの中で最も多かったですね。なにかにつけ、いつもいろいろとお世話になっていますが、今回、太田さんが協力してくださったのでかなり安心して進めることが出来ました。
  • 清水 優吾…イベントへの急な声掛けにも関わらず、Speaker を快諾していただきありがとうございました。さらに Producer まで対応していただき大変助かりました。
  • 中村 太一… 愛情あふれる Office 365 Home セッションをありがとうございました! 
  • 中村 亮太… Diversity and Inclusion という、個人的な興味でこのカテゴリをお願いしてしまいましたが、快諾いただき内容も素晴らしいものでした。セッション内容決めのところでも助けていただきました。ありがとうございます!!
  • 目代 昌幸…研修でお忙しい中、登壇をありがとうございました。セッション内容決めのところもたくさんのアイディアを出していただいたりと本当に助かりました。目代さんはいま私の前々職の職場にいらっしゃるのですが、この時期は本当に忙しいところだと思います。内容も"教育"にちなんだ視点で、私も参考になるところがたくさんありました。
  • 小尾 智之…急なお声がけにも関わらず、ご協力いただきありがとうございます。Power Automate は今回のセッションには欠かせないね、ということで、満場一致で小尾さん(縄神様?) に依頼することとなりました! 内容も非常に充実した濃いものになっており、デモこそできませんでしたが、資料だけでも十分に参考になりました。
  • 篠原 敬志… SharePoint Framework の開発について、テクニックの話とはまた別の切り口で非常に新鮮で参考になりました。個人的にすごく勉強になりました。
  • 大須賀 謙太…目代さんからお声がけしていただきましたが、急な依頼にも関わらず快諾いただきありがとうございます。内容も Intune という皆が知りたいけど、情報が少ない部分だったと思いますが、非常に役立つ内容で視聴者のコメントを見ても素晴らしく高評価でした。こうした希少な情報は誰にとってもありがたかったと思います。
  • 及川 紘旭… いつもご協力をありがとうございます。私が SharePoint 絡みで企画するときには、何度かこれまでもご協力いただいています。今回は、SharePoint Framework の王道セッションをありがとうございました。開発系の内容で欠かせない内容でした!!
  • 国井 傑…お忙しい中、ご協力いただきありがとうございました。「条件付きアクセス」は勉強したい方が多いところで、素晴らしい内容のセッションでした。ちなみに、私がむか~し、 Microsoft Certified Trainer となって最初に外部研修で受講したときの講師が国井さんで、実は、長く私にとって先生です。
  • 奥田 理恵…忙しいところ、登壇を協力いただきありがとうございました。女性陣が理恵ちゃんと私くらいしかいないという。。。今回も、いろいろと細かいところのフォローをありがとうございました。いつも助かっています!!
  • 松本 吉生…現役の高校の先生というお立場にも関わらず、私からお願いして、登壇していただきました。現在、COVID-19 の影響で学校の教育現場もいろいろとチャレンジングな状況だと伺っています。そんな現場の現役の先生から多くのことが得られるのではないか。そんな想いからお願いしました。思った通り、貴重な内容のセッションになっていたのではないかと思います。ご多忙なところにも関わらず、ご協力をありがとうございました!!

そして、うちの主人と娘と愛犬ハヤトにも、感謝!!

参考 : イベントの結果情報

イベントに関するTweetの結果です。日本勢がものすごく多く貢献していただいたようです😃

Microsoft 365 Virtual Marathon twitter

アンケート結果もサマリは確認させていただいていますが、非常に好評だったようです。また来年以降もこうしたイベントができればいいなと思っています。

コメント

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前とメールアドレスは必須です。メールアドレスは公開されません。)