Microsoft Ignite 2021関するセッションの録画のリンク集
待望の新たなモダンな SharePoint サイトテンプレート登場 !

Microsoft Search - Graph コネクターのインデックスクォータ

自分への備忘録を兼ねてます。

Microsoft Search の Microsoft Graph コネクターを使っていろいろと検証しているのですが、インデックス クォータがすぐに不足してきてしまう。そもそも容量はどのように決まっているのでしょうか?

クォータの利用状況
すでに8割以上を消費しており、警告が表示されている

ライセンスのページに詳細が書かれています。

Entitlement built into Microsoft 365 or Office 365 E5 licenses
ライセンスに基づいてインデックスクォータが決まる

インデックスクォータは、Microsoft 365 E5 または Office 365 E5 のライセンスごとに 500 アイテムのインデックスクォータが追加されます。残念ながら Microsoft 365 A5 や Office 365 A5 には含まれない。

私の検証しているテナントでは E5 のライセンスを2つほど検証用に購入しています。そのため、1000インデックス クォータが利用できるというわけです。

なお、Microsoft Search で Microsoft Graph コネクターを利用する分には料金はかかりません。つまり、釣り竿(Graph コネクター)は無料だけど、釣った分(インデックスを付けて利用する分) だけ支払ってねということですね。

検証する場合は、この辺りを気を付けましょう。

コメント

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前とメールアドレスは必須です。メールアドレスは公開されません。)