SharePoint リスト (Microsoft Lists) の「このリストの既定以外のビューを検索結果に表示しますか?」オプション
Microsoft Viva Topics (Viva トピック) の基礎 (2022年7月時点)

Power Automate と Microsoft Teams とマークダウン

Microsoft Teams にメッセージを投稿するフローを作っている人も多いと思います。この中で書式指定できる項目とそうでないものがある。

特に書式指定するメニューが用意されていない場合はマークダウン記法が利用できるようになっています。ちなみに、Microsoft Teams で利用できるマークダウンは下記の通り。

[マークダウン] の書式設定を使用Teams (microsoft.com)

2022-08-03_18-57-17

そう思って Microsoft Teams で使えるマークダウン記法と同じものを使おうとするとうまくいかない。そこでもう少し調べてみる必要があります。

すると次の情報が見つかります。クライアントによるサポート状況が異なるのです。

Markdown を使用して Power Automate の承認の書式設定を行う - Power Automate | Microsoft Docs

2022-08-03_17-52-42

例えば、Teams の「アダプティブカードを投稿して応答を待機する」アクションの「更新メッセージ」などでマークダウンが使えるのですが、サポートされないものも多い。Microsoft Teams で使えても Power Automate と組み合わせると使えるものが少なくなるのです。

ということで簡単な実験結果が次の通りで、おおよそ上記の表と合致します。
ちなみに強制改行は半角スペースを2つ分追加しておくことで対応できます。

★元のフロー

2022-08-03_19-02-05

★実行結果

2022-08-03_19-01-36

結論として次の Power Automate の Teams コネクター内でマークダウンが使えるということ。

  • 斜体
  • 段落番号 (入れ子も含む)
  • ハイパーリンク

実験したい人用に上記のマークダウンもおいておきます。


■太字 : *太字*  
■斜体: _斜体_  
■取り消し線: ~取り消し線~  
■段落番号:   
1. いちご  
1. バナナ  
  
■順序無しリスト:  
* いちご  
* バナナ  
- いちご  
- バナナ  
  
■入れ子(ネスト)  
1. フルーツ.
   - 🍓
   - 🍌
1. 野菜
   - ブロッコリー
   - ピーマン
   - 人参
  
■ハイパーリンク型: [オフィスアイ](https://www.office-i-corp.jp/)  
■複数行コードブロック:   
```let temparature:number=39.4  
■インラインコードブロック :   
`[let temparature:number=39.4]`  
■ヘッダー:  
##ヘッダーテキスト

コメント

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前とメールアドレスは必須です。メールアドレスは公開されません。)