"Microsoft Teams" にカテゴリー登録されている8 投稿

SharePoint Conference 2019 始まる

2019年5月21日から23日までの日程で Las Vegas にて SharePoint Conference 2019 が始まりました。SharePoint に特化したセッションばかりの3日間です。今年は幸い現地にて参加しています。

SharePoint Conference は最初は Microsoft 主催でシアトルで開催されていましたが、それが Las Vegas 開催へと発展し、しばらくの間は Mandalay Bay (ホテル名)で行われていました。その後、SharePoint 以外も含めた Microsoft Ignite へと吸収されてしばらく開催がなくなってしまいます。しかし、2018 年から Microsoft 協賛の North America でのコミュニティイベントという形で復活しました。ですから、純然たる Microsoft のカンファレンスというわけではありません。登壇者も Microsoft の社員は勿論、Microsoft MVP などが担当します。現場視点での興味深いセッションも多く見られるというのが非常に特徴的です。

SharePoint Conference 2019 は、MGM Grand Conference Center で開催されています。

セッション数は SharePoint 関連だけで(Teams や Stream, PowerApps/Microsoft Flow なども含む)  200 以上。国内ではとてもこれだけの情報量はでてきません。

 

SharePoint Virtual Summit

さて、Keynote や主要なセッションについては SharePoint Virtual Summit として下記のURLから On-demand でどなたでも閲覧できます。

https://www.microsoft.com/en-us/spvs

94889ED9-DFBA-4115-A66A-6709A3EB888E

最新情報

その他のセッションは基本的には現地でしか見られません。とはいえ、SNS の恩恵により、現地にいなくても、息つく間もなく、このカンファレンスから発信される情報を拾えるので、便利な世の中になったものです。

ということで SharePoint Confernce 2019 (#SPC19) から発信された主だった最新情報を Twitter から引用してまとめておきましょう。日本語に訳している時間がないほどの情報量です。自分が発信したものだけでなく、他の方々もスライド部分を Twitter で公開しているので、それも含めます。

ちなみに、この記事を書いているのは 2日目が終了時点です(それでもすごいボリューム)。最終日にまとめていると、帰国の準備だなんだでバタバタするので、先にわかっている範囲でまとめます。追加があれば、改めて記事を書きます。

そしてまだモダンサイトをしっかりと勉強できていない方がいれば、これを機会に早めに取り組んでいってください。時間がたてばたつほど新たに覚えることが増える一方です。特にオンプレミス環境とは雲泥の差で、差は広がるばかり。。。

チームワーク全般

SharePoint Home site 

SharePoint Home sites っていうのが出てきます。

ポータル機能

近日中に利用できる機能としては Vertical Section 、コンテンツのコピー&ペースト、Webパーツとセクションの複製などが注目です。今年の後半はニュースやページのスケジュール公開がやはり根強い期待感があるところでしょうか。

イントラネットのデザイン周り

ハブの数が 100 から一気に 2,000 に拡大されるのが一番のポイントです。

SharePoint チームサイトとビジネスアプリ

個人的に注目しているのは サイトをサイトデザインに抽出できるようになる部分です。サイトのテンプレート化ができる。また、カードベースのリストビューというのも気になります。さらに、PowerApps Forms がゲストアクセスできる (リストのフォームの方だと思います。このセッションも参加できなかったので、詳細は確認できていません)!

SharePoint リストとライブラリ

OneDrive for Business のRoadmap

機能が盛りだくさん過ぎます。

Teams 内のチームの「ファイル」タブ

ファイルタブの中身が SharePoint のドキュメントライブラリとほぼ同等に使えるようになります(もともと実体は SharePoint ではあるのですが)。

Microsoft Teams を活用するためのエチケット

当該セッションには参加していないのですが(参加したいセッションが複数被るため)、コンパクトに分かりやすく infographics にまとめてくださっています。素晴らしい。

SharePoint 開発

SharePoint Framework に関するロードマップ。

Microsoft Search

去年からパブリックプレビューが始まり、先日 GA となった Microsoft Search です。SharePoint を含め検索機能は今後 Microsoft Search がベースになります。そして、今後は機能が結構増えそう。

Microsoft Search では今後 コネクターが用意される予定となっており、オンプレミスの共有フォルダー検索もこれで対応できるようになるとのこと。

 

SharePoint ECM 

Microsoft Stream roadmap

個人的に気になるところは Screen recording 、 External video sharing, Microsoft Search integration。Stream上のビデオって、意外とまだ Stream内からしか検索できません。ですから、Delve からも対象外となっている(内部的に検索機能を使っているので)。

サイトスクリプト

サイトスクリプトも新機能が続々登場される予定。

Yammer の Question and Answer 機能

Yammer に質問と回答の機能が追加されます。Live Events 内でも利用できます。

 

Yammer の新機能

 

Microsoft Flow に SharePoint 関連機能が追加

ようやくファイルのチェックイン/チェックアウト、権限設定などができるようになるようです。

サイトコレクションのURLが SharePoint Online 管理センターから変更できる

この機能は既に Target Release テナントから順次展開されていて、私が利用しているテナントでも利用できるようになっています。URLを変更しても旧URLから新しいURLへリダイレクトしてくれる機能も備えています。

Microsoft Kaizala

Teams とよく似たイメージの Kaizala。その違いを、またまた infographics にしてくださっています。すごくわかりやすい!


Skype for Business から Microsoft Teams へ

 2018年10月1日より、500シート未満の新規 Office 365 テナントには Skype for Business Onlineは含まれなくなるそうです。Microsoft Teams が役割を引き継ぎます。

10 月 1 日より Microsoft Teams が Office 365 における会議/電話クライアントとなります【10/1 更新】

2018 年 10 月 1 日より、Skype for Business Online は 500 シート未満の新規 Office 365 顧客のテナントには含まれなくなります。 マイクロソフトでは、昨年 Ignite 2017 で発表した構想である、Skype for Business Online の機能を Microsoft Teams に移行するためのロードマップが完了したことを8 月にアナウンス (英語) いたしました。Teams はメッセージング、会議、電話機能に関する完全な機能を持ちます。 2018 年 10 月 1 日より、Skype for Business Online は 500 シート未満の新規 Office 365 顧客のテナントには含まれなくなります。Skype for Business Online を利用している既存テナントは、新規ユーザーのプロビジョニングを含め、Microsoft Teams に移行される日まで引き続き使うことができます。 

 ちなみに、Microsoft Teams は SharePoint との強力な連携機能を活用することで、より使い勝手よく使いこなせるようになります。Microsoft Teams を利用する方はぜひ SharePoint の最新機能も含めて把握するようにしましょうね。


Microsoft Ignite 2018 - Microsoft Teams 関連情報

Microsoft Teams についても新しい情報などが公開されました。

利用実績としては 現在、329,000 の組織が Teams を利用しているそうです。

IMG_3233

Microsoft StaffHub の機能がメンバーの「スケジュール機能(Shift)」として Teams に取り込まれ、単独の StaffHub 自体は機能がなくなります。

IMG_3237

Microsoft 365 管理センターにも次のようなメッセージが届いていました。

Starting in September 2018, we will be rolling out new features in Microsoft Teams designed to simplify schedule management, and deliver the tools and information every worker needs.

Starting on April 1, 2019, Microsoft StaffHub will no longer be available for new tenants and will be removed from the Apple App Store, Google Play Store, and all other points of access. Microsoft StaffHub will then stop functioning for all users on October 1, 2019. Anyone who attempts to open it will be greeted with a message directing them to download Microsoft Teams.

2019年4月以降、Microsoft StaffHub は新しいテナントでは利用できなくなり、各ストアからも削除されるとのこと。2019年10月1日には機能が停止されるので、それまでに Teams へと移行することになりますね。

 現在利用可能になっている新機能と今後登場する機能の一覧も公開されました。

IMG_3311

たとえば、既に利用できる機能としては会議の録画と背景のぼかしが紹介されていました。背景のぼかしは、AIの恩恵です。

IMG_3245

その他、新機能などは次の記事を参照してください。

What's new in Teams - Ignite Edition

At Ignite, we announced a broad set of new capabilities that make Microsoft Teams an even more powerful hub for teamwork. We've got a lot of news to share, so grab your beverage of choice and settle in to learn what's new in Teams across meetings, devices, calling, collaboration and app development....

SharePoint との連携

 また Microsoft Teams は SharePoint との機能連携もより進んでいきます。チャットをメインで使おうと考えいてる方が多いようですが、個人的には逆だと思っていて SharePoint などの様々な情報を チームのチャネルに集約しつつ、様々に集約したコンテンツからいつでも会話を始められるんだ。と考えるのが利活用促進には重要です。

たとえば、SharePoint のリストやライブラリをタブとして追加できますが、列の書式やビューの書式、PowerAppsによるカスタマイズもTeams内で利用できます。うまく活用したいですね。

ビューの書式を設定したリストをタブとして追加する例) 

ドキュメント ライブラリの機能を Teams 内でフルに利用できるようになってきます。メタデータ、列の書式も利用できるほか、たとえば、ファイルを Teams から直接 PC や Macに同期する機能も追加されます。

4

また SharePoint Framework を使って開発したWebパーツを Microsoft Teams にタブとして展開できるようになります。詳しくは次の記事を参照してください。また逆にTeamsのアプリを SharePoint サイトにも追加できるようにもなります。 

Do more with new upcoming SharePoint development capabilities announced at Ignite 2018 - Office 365 Developer Blog

SharePoint is great for getting your apps out to teams and departments, and across your organization. As a developer, you can take advantage of many services to complete your app, including document storage, a page model that allows for easy customization, SharePoint lists for basic data, connections to APIs and data from Microsoft Graph, and much more.

 また SharePoint サイトをチームに接続できるようになります。現在、SharePointサイトを Office 365 グループに接続できる機能は提供されています。が、これを一足飛びに Teams に接続できるようになります。つまり Office 365 グループを作成して、かつ Teams に接続してチームとして利用できるようになるということ。次のスクリーンショットのように接続用のメニューが表示されるようです。

6


Microsoft Teams のチーム メンバー管理

Microsoft Teams を利用していて、新規にチームを作成した場合、基本的にはOffice 365 グループのメンバーを管理するのに一人一人ユーザー追加することになります。

しかし、既存のセキュリティ グループメンバーを一括して追加したい。実際に試すと既存のセキュリティ グループメンバーを追加することはできるのですが、あくまで初期のユーザー展開までです。ようするに、いったんその時点でのメンバーを展開して追加しているだけなので、セキュリティグループとしての情報をずっと保持しているわけではない。そうなるとセキュリティ グループ側にメンバー変更があっても、チームメンバーとしては反映されないのです。

同期させるという機能のリクエストはあるようですが、中継ぎの対策として PowerShellを使った管理のサンプルが公開されています。あくまでも、自己責任となりますが、うまく活用したいですね。

Syncing Security Groups with team membership

In this post, I present a PowerShell script to synchronize the membership between security groups and Office 365 groups. Security groups in Azure Active Directory (AAD) have long been a useful way to manage sets of users in the enterprise -- even going back to on-premises Active Directory and befo...


[Microsoft Teams] SharePoint リストをタブとして追加する

Microsoft Teams 内の任意のチャンネルにタブとして SharePoint リストを追加できます。これには "Webサイト" という種類のタブを追加するのですが、指定するURLは SharePoint リストのURLです。

さて、このようにして追加できるリストですが、きれいに表示できるのは SharePoint リストがモダンUIになっている場合だけです。モダンUIになっていれば、書式付きの列も収まりよく表示できます。

2018-04-18_0-07-04

表示できるだけでなく、アイテムの新規追加・編集・削除、列の並び替え、フィルターなど一通りの機能が Teams 内から利用できます。

ちなみにクラシックUIのリストを追加してみるとどうなるか。。。実験してみましょう。

2018-04-18_0-10-19

上記のようにいわゆる "SharePointサイトの一ページ" として表示され、サイトの余計な部分まで見えてしまいます。これでは使い勝手はよくありません。

モダンUIへの切り替えのハードルが高いという組織も多いようですが、こうした機能差が出てくれば モダンUIのアドバンテージが明確になってくると思いますので参考になればと思います。