"Office 365" にカテゴリー登録されている10 投稿

Microsoft Forms の新機能 - Ideas -

Microsoft Forms に新機能が近く、ロールアウトされます。

Welcome to Forms Ideas - Analyze Your Response Data Smartly in Forms

We're excited to announce our new feature, Forms Ideas! We're rolling out this feature and it will soon be available for all customers! With Forms Ideas, you don't have to be a data expert, but can get the most out of the data you collected.

公開されている情報は英語の情報のみとなっているので、情報をかいつまんでおきましょう。

"Forms Ideas" という機能で、データ分析の専門家でなくてもいろんな切り口で分析ができるというもの。ちなみに、Office の Excel と PowerPoint にも新機能として Ideas が投入されます。PowerPoint の場合は、スライドの内容に適したデザインや画像を探してくれます。Excel だとスプレッドシートのテーブルからグラフの候補を複数提案してくれたりします。こうした機能も裏ではAIが利用されます。

つまり "Ideas" というキーワードには AI が裏で働くということを意識した方がいいようです。

ところで、分析でいうと Insight というキーワードが思い浮かびますが、日本語で言うと洞察ですね。Forms Ideas は様々な切り口の分析をして素早くInsightを得られるように AI がフォローして提案してくれるということのようです。

 次のように[回答]タブの画面からアクセスできるようになるとのこと。

Idea blog_2_entry

たとえば、回答結果を部門ごとに集計したり。

Idea blog_3_Distribution customization insight

各設問間の関連性(規則性)を提示してくれたり。

Idea blog_4_association rule analysis

相関関係および相関係数を割り出してくれたり。

Idea blog_5_Correlation insights_detail chart

感情分析をしてくれたり。

Idea blog_6_Text sentiment insights_positive

なお、こうした分析はさすがに回答数が少ないと表示されません。"Ideas" のリンク自体が表示されない。最低10回答はないとけいないし、有効な結果が得られない場合も表示されないとのことで、このリンクが出てきたら、「おっ、このフォームは分析してくれたようだな」とクリックしてみることになりそうです。

サポートされる言語は Forms がサポートしている言語となっているため、日本語も対応しています。

Microsoft Forms でサポートされる言語

個人利用のパブリック プレビューも提供開始

そうそう、余談を。Microsoft Forms は現在 商用利用ユーザーや教育機関向けの Office 365 プランでのみ利用できますが、新たに一般消費者向けに Public Preview が始まっています。個人的な利用も可能になりますね。


Azure Functions の学習のための参考資料

Office 365 を利用していて、高度な開発やカスタマイズを行うのに知っておきたい Azure Functions 。

学習に向けてよさそうな資料が無料配布されているのをつい最近知りました。

 

Azure Serverless Computing Cookbook

Spend more time building great apps and less time managing server infrastructure. Get your solutions to market faster using Azure Functions, a fully managed compute platform for processing data, integrating systems, and building simple APIs and microservices. In this e-book you'll find use cas…

 

さて、ぼちぼち勉強していくかな。


[Office365] Office 365 ロードマップの記事へのリンクをFeature ID ごとに生成するには

完全に自分への備忘録です。が、誰かの役に立つ、かもしれないので共有しておきます。

************************************************

Office 365 の新機能の開発状況やリリース状況などを公式に公開するサイトとしてMicrosoftは「Office 365 ロードマップ」を公開しています。

Office 365 ロードマップ | Microsoft

Office 365 ロードマップとは、該当するサブスクリプションのお客様向けに現在計画されている更新の一覧です。これらの更新は、開発中、お客様への展開中、全世界の該当するお客様向けに一般提供中など、段階別にまとめられています。

各記事は機能単位で作成されているため、各機能を識別できるように Feature ID が用意されています。

2018-04-08_14-35-30

このサイトの特定の記事へリンクを作成したい場合は、この Feature ID が利用します。構文は次の通り。

https://products.office.com/ja-jp/business/office-365-roadmap?featureid=<Feature ID>

要するに Office 365 ロードマップのURLに ?featureid=<Feature ID> を追加するだけです。

たとえば、上記の場合は Feature ID が 21038 ですから、次のように指定します。

 https://products.office.com/ja-jp/business/office-365-roadmap?featureid=21038

 すると上記の画像のように当該記事の部分が吹き出しで表示されます(Callout)。ですが、表示されるまで少し時間がかかります(最大10秒くらい??)。

もちろん、上記の画像でもわかるようにメールのリンクをクリックすれば、メーラーが起動するので、このURLを覚える必要はないのですが。ただ、Feature ID があらかじめわかっているときにリンクを作成したいというような場合は、いちいち記事を検索してメーラー起動して、、、といった操作はしたくなかったので。例えば、この記事もブログを作成する場合なんかもそうです。こんな機能がくるぞ!、とういうような情報共有をしたいときに、最小限の手間にしたかったもので。

ご参考まで。


[OneNote] 最新機能

OneNote に機能がいくつか気になる追加されていたのでメモしておきます。

Wiki機能

Wiki の機能が利用できます。文字列を[[<キーワード>]] で囲むだけでページが新規に作成され、リンクが生成されます。具体的な利用イメージは次の画像を参照のこと。

2018-04-03_9-41-20

Flat.io との連携

こちらは業務用途というより、教育や趣味の範疇ですね。Flat.io はWebブラウザー上で譜面を作成して、楽器演奏ができるサービスであり、フリープランと有料プランがあります。

Online collaborative music notation software - Flat

Create, compose, collaborate, play, and print your sheet music using the world's most simple and intuitive web-based music writing and composition software

自分で作った譜面を OneNote に挿入すると、そのまま演奏できちゃいます。ただし、この機能が使えるのは Windows 10 付属の OneNote もしくは OneNote Online (Office 365) のみであり、デスクトップ版の OneNote 2016 では利用できません(リンクは挿入できるけど、再生できない)。

試してみたい方はまず、OneNote Online に下記のリンクをペタッと貼って、お試しください。

https://flat.io/score/5ac2a1e01661c950b973c917-

 

 

 


Office 365 Enterprise Edition での Microsoft Booking の有効化

Office 365 の予約管理アプリである Microsoft Bookings は次のサブスクリプションで既定では有効になっています。

  • Office 365 Business Premium
  • Office 365 Education A3, A5

現在は Office 365 Enterprise E3 または E5 でも無料で利用できるようになっていますが、既定ではオフであり、追加設定が必要です。

で、この設定手順の掲載場所を探すのが手間取ったので備忘録です。具体的な資料は下記の場所にありますが、英語のみです。

Get access to the Office 365 Business apps for Enterprise subscriptions

必要な設定を要約すると Office 365 のテナントレベルで有効にしたあと、フリーのアドオンとして追加しないといけません。その後、ライセンスをユーザーに付与します。

まず Office 365 のテナントレベルの設定ですが、Office 365 管理センターから[設定]>[サービスとアドイン]の順にクリックし、Bookingsを有効にします。

続いて、アドオンを追加します。通常、アドオンは有料ですが、Bookings は無料です。手続き上、支払いのページにアクセスさせられますが(下記動画では省略しています)、もちろん0円です。

以上の設定が終わったら、あとはユーザーアカウントにライセンスを付与します。

2018-01-18_5-32-24

ということでまずはここまでが、事前設定です。

ライセンス付与されたユーザーは https://www.office.com/ にアクセスすると利用できる「すべてのアプリ一覧」に Bookings が表示されるようになります。

2018-01-18_5-37-02

ということで、本記事はここまで。